エホバの証人(現役→自然消滅?)ですが、何か!?


by what-tower

さようなら2008年。

年の瀬も本当に瀬戸際、
皆様いかがお過ごしでしょうか。

こちらは、
仕事の引継ぎなどもあり、
かなりバタバタと過ごしております。

コメント返し、もう少しだけお待ちを。

あと、
審理委員会にお返事をしたので、
本当は早く記事を書きたいのですが、
年内にできるかわかりません。
すみません。

その場合は、
新年のお楽しみということで、
どうぞ宜しくお願い致します。044.gif


皆様にとって、
2008年はどんな年だったでしょうか。


ボクはまだエホバの証人の組織から排斥になっていませんが、
むしろボクの方が、組織を完全に排斥にしてやりましたので、
本当にいい年だったな~と大満足しております。

まだの方はぜひ、
人の人生の主人になろうとする組織を、
自分の方から排斥処分にしてやって下さい。

すっきりしますよ~。

既に排斥になっているという方も、
まぁいいじゃないですか。
自分の方から振ってやったということにしとけば。
どうせ元からそんなに好きじゃなかったしね~って。www


エホバの証人の組織というのは、
所詮、既存の社会構造やメディアの上に乗っかって、
(金・思想両面で)それで成り立っている宗教ですから、
来年以降の大きな社会構造の変化の前では、
全く成す術もなく衰退します。

エホバの証人の言うハルマゲドンは永遠に来ません。

必死に世の中が悪い!悪い!とマスコミに輪をかけて不安を煽って、
沈みかけの船に人を乗せようとするのが、世界で唯一の“愛の組織”!?
統治体という、地の人の子に信頼を置いてはいけません。


美鈴さんという方の本にある、
ボクの今の座右の銘です。

********************************************
森羅万象によって生かされていることを再度理解し、
すべての御霊(いのち)を敬い、
愛を返すことにより、
汝ら一人ひとりが、
この世を救う救世主となるであろう。

********************************************

来年は、ポジティブに!

愛念溢れる人になれるように、
足元から、行動できるようになりたいです。
まだまだ程遠いですが。。。(^_^;)


虚ろな目で「早く楽園来ないかな~」と言いながら、
600万人以外の人の死を良しとする宗教に、
さようなら。


それでは皆様、
どうぞ良いお年を!
[PR]
Commented by ロンちゃん at 2008-12-28 01:33 x
わったさん、お仕事やJWのお相手ご苦労様でした。

組織を排斥し、すっきりして良かったですね。
わったさんにとって、来年が幸せな年でありますよう祈っています。









わったさん、
Commented by ロッサ at 2008-12-28 08:04 x
ワッタワさま♪今年もお世話になりました♪良いお年を♪
Commented at 2008-12-28 09:58
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by テキトー at 2008-12-28 13:01 x
>600万人以外の人の死を良しとする
これが小さい頃から受け入れられなくてねー。
「地獄の教理を神の愛ゆえに否定するなら、数十億人の虐殺も否定してくださいよ」と。


よいお年を。
Commented by kitten at 2008-12-28 13:20 x
what-tower さん、
ほんとうに、ご苦労様でした。♪

>来年は、ポジティブに!

そう、ポジティブに!ですよね。

what-tower さんの
ブログに込められた愛念溢れるご活躍に感謝しながら、
益々のご健闘をお祈り申し上げます。(*'-^)-☆
Commented by 聖マリア。 at 2008-12-28 13:22 x
問題は「啓示の書」だと思いつつ・・・

「ノアの箱舟」に入っている600万人が生き残る。
「50億万人」の命の保障はない。」

1914年ー2008年=霊的パラダイスに突入??

Commented at 2008-12-28 13:48 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ばればれ at 2008-12-28 14:32 x
一人二役ごくろうさまでした
Commented by Aurelia at 2008-12-28 14:40 x
ばればれさん、2ちゃんでそんなガセネタがありますが、

ワトさんは、一人二役ではないですよ。
Commented by ほっし~ at 2008-12-28 14:55 x
自分自身、奉仕に身が入らなくなり、ハルマゲドンくるのかなぁと思い出したころから、エホバの証人って勝手な団体だと思うようになりました。未信者の父親に きつくあたる母親… 父のおかげで開拓できてるのに感謝も表さず、思うまま文句を言う。そんなことされて、父が真理に引き寄せられるはずもなく。うまく言えませんがいろいろ矛盾を感じてなりません。
私も早くすっきりしたいです!
ワッタワさん 来年もよろしくお願いします(^w^)
Commented by 聖マリア、 at 2008-12-28 18:08 x
聖マリアは、ローマカトリックから、脱出していますので、全てを信じないでください。「ノアの箱舟」に関しては、「失楽園ー復楽園」大判の協会発行の書籍からの抜粋です。
現役JWの方は、協会の書籍を読んで考えることは懸命です。

「啓示の書」は、条文に絶対正確ではないとの断り文句がありましたよね。
Commented by だいくん at 2008-12-28 18:10 x
座右の銘の言葉、良い言葉ですね。

感謝を忘れず・・・

来年もお互い頑張りましょう♪
Commented by みずき at 2008-12-28 19:46 x
何度も読みました。すばらしいですね、座右の銘。

自称クリスチャンみずき、謙虚に胸に刻みたいと思います。
「宗教する人」の本質は、この言葉に凝縮されているなぁと
感動してます。愛念あふれる小さき者を目指したいです。
 
 ワッタさん、いつもいい記事ありがと。良いお年を^^
Commented by what-tower at 2008-12-28 23:48
ロンちゃんさま


あれ、
ロンちゃん?

ロンちゃ~ん!

書き込みの最後の終わり方が、
非常に気になります。w
Commented by what-tower at 2008-12-28 23:48
ロッサさま

お世話になりましたm(-_-)m
来年も、宜しくです!
Commented by what-tower at 2008-12-28 23:49
名無し☆さま

了解です~。
Commented by what-tower at 2008-12-28 23:50
テキトーさま

そうそう。
普通に、愛ある神のすることじゃないよね。

テキトーさんも、良いお年を!
Commented by what-tower at 2008-12-28 23:52
kittenさま

応援ありがとうございます☆

まだまだ低級な自分ですが、
少しでも愛念溢れる人になれますよう精進致します。

kittenさまも、良いお年を☆
Commented by what-tower at 2008-12-28 23:53
聖マリア。さま

赤い本は、本当に酷いですよね。
難しくして、逆に、煙に巻いてるんでしょうな。信者を。
Commented by what-tower at 2008-12-28 23:54
名無しさま☆

こちらも、了解です!
Commented by what-tower at 2008-12-28 23:56
ばればれさま

あ~、
掘北真希の『東京少年』の話ですか?
Commented by what-tower at 2008-12-28 23:57
Aureliaさま

え?ボクの話?

一人二役ってことにしといてくれれば、
ボクも才能あるってことになるんだけどな~。w
Commented by what-tower at 2008-12-29 00:01
ほっし~さま

相変わらず大変そうですね。記事、少し待ってて下さいね。

しかし観察の通りの出来事が、JWの中にはごろごろありますね。

集会帰りに夜中までやってるスーパーで夜食を買って帰るJW。
じゃぁ、そのスーパーを開けといてくれてるのは、いわゆる世の人。
でも、自分たちだけが救われるんですよね。
一生懸命働いている人たちを踏み台に。

早くすっきりできることを、心から願ってます。
Commented by what-tower at 2008-12-29 00:04
聖マリア、さま

すみません、いくつかハンドルネームをお持ちですか?
統一してくださると、助かります。

啓示の書、赤い!という印象しかもはやありません。。。
Commented by what-tower at 2008-12-29 00:05
だいくんさま

そだね~

感謝、
基本中の基本だね。

今後もよろしくです。

来年もお互い良い年にしよう♪
Commented by what-tower at 2008-12-29 00:07
みずきさま

本当にいい言葉です。
この美鈴さんという方は、別にどこの宗教に属すではなく、霊的真理を追究なさっている方です。

感謝を忘れずに、来年は本当に自分の魂を磨けるように意識していきたいと思います。

来年も宜しくです♪
by what-tower | 2008-12-28 00:04 | コラムなど | Comments(26)