「ほっ」と。キャンペーン

エホバの証人(現役→自然消滅?)ですが、何か!?


by what-tower

神社へのお参りは偶像崇拝か。

新年、明けましておめでとうございますemoticon-0157-sun.gif
本年もどうぞ宜しくお願い致します。

物心ついて以来ですが、人生で初めて、
神社に 『初詣』 に行って参りました。

そう書くと、
この記事を何故か読んでいるマイコンJWさんが、

「JWやめてすぐに偶像崇拝者になったんだ!?
サタンの罠にかかっちゃったんだね~。」


なんて思うわけですよ。
自分は組織崇拝してるくせして。

正直どうでもいんですが、
そもそも神社にお参りに行くのが、
「偶像崇拝だ」なんて批難する方が、
無知以外の何者でもない わけです。
(まぁ少し前まで自分も無知だったわけです・・・ゴメンナサイ。)

そもそも、
神道の神社って、
神の像を持っていませんよね?
偶像、ないですよね?


イスラエル大使のエリ・コーヘン氏は、

神道は 偶像崇拝ではない です。
八百万の神と言いますが、これはあらゆるところに神がいること(偏在)を意味します。
神道の神社に行っても、そこに なんの偶像も発見しません。
神の像を持っていませんね。


と語っています。

また、聖書にある幕屋やソロモンの神殿の構造、
それと代表的な神社の構造や様式を考えると、
神社は間違いなく、日本に流れ着いたイスラエル人の手によるものだという
学者やユダヤ教ラビが多くいます。

「社(ヤシロ)」というのは、
ヘブライ語「ヤー」(ヤハウェの短縮)と、
「シロ」(サムエルが崇拝をしていた場所)を統合させ、
「ヤシロ」というのだと言われています。

神社に入ると、
三種の神器、拝殿と本殿、鳥居、境内地、手水舎、狛犬、etc…
イスラエルの幕屋や神殿と同じ構造・決まりのものばかりで挙げればきりがない。
(しかも、ユダヤ教と神道以外の他の宗教には共通しないものばかり。)

「神輿」(ミコシ)は、
ヘブライ語で「聖所」を意味する“ミコダシュ”が訛ったもので、
そのカタチがまんま「契約の箱」です。

また神道で神職が参拝者の前で祝詞をあげるという行為は、
祭りの時に祭司が「トーラー(律法)」を朗読する行為と、
ほぼ同じです。

それで「虎の巻」という言葉がありますが、
元々は「トーラーの巻(物)」からきているのだと、
ヘブライ大学のベン・アニー・シロニー教授は言っています。
(ユダヤ人は「トーラー」は伸ばさずに「トラ」と言うそうです。)


遥か昔、東の果ての、
遠くの地まで辿り着いたイスラエル人が、
この国の名を 「ヤマト(ヤハウェの民)」 とし、
日本全国に全く同じカタチの「ヤシロ」を作り、
どこにいても同じ民族であるということを刻もうとした。

本当にロマンですね。


そう考えていくと、
単純に「初詣が偶像崇拝である」というのは、
非常にナンセンスだと思うわけです

現役のJWの方は、
家族を躓かせないためにということで初詣するのは、
上記理由でぜんぜん問題ないんじゃないですかね?

どうですか?

反論・ご意見お待ちしています。


参考文献:「いま二人が一番伝えたい大切なこと」(船井幸雄+中丸薫・著)
[PR]
Commented by ローリン at 2009-01-04 06:38 x
わったわさん、あけおめ♪

私、お神輿は絶対契約の箱だって思ってたんですよね~
うちの近くには超有名な神社がありますからね。参道を通って、境内に入り、社まで歩いてみると、エルサレムの神殿と似ているなあと思うところがたくさんありますね。

まあ、これも一応JWで勉強したから比較できるわけで。。
統治体さん、ありがとう。

しかし、統治体さんは日本文化のことは何にも分かってませんよね。
そろそろ統治体に日本人を入れたらいいんじゃないでしょうか。
新たな光が輝きだすかも??
Commented by 聖マリア、 at 2009-01-04 08:39 x
無事、消滅、 おめでとう、神社について、なるほど、なるほど、です。
アメリカ人は、日本の神社に詳しくないことは、真実です。
昔、読んだ本の中で 神社の歴史をくわしく、さかのぼって行くと、エホバに到達するということです。その本、古本屋に出してしまい後悔しています。なにせ、家財道具よりも、本の量が多くて寝る場所を確保出来なくて、
ハチに一突きで、自然消滅を達成成功し何がキッカケに成るか分からないものですね。痛い思いをしたけれど、知識は幾らでも取り入られます。
頑張りましょう。
Commented by alpo at 2009-01-04 09:52 x
あけましておめでとうございます。
ここまで筋道立てて説明されても意義を申し立てる奴はただの屁理屈野郎だ。

わたしも今年初めて初詣行きました!すごい厳かな気持ちになり、日本人でよかったなと思いました。
Commented by 屁理屈野郎 at 2009-01-04 10:22 x
>単純に「初詣が偶像崇拝である」というのは、
>非常にナンセンスだと思うわけです

一般的な日本人の場合は、神=神道の神、という認識で参拝しているように思えます。
お参りには行くけれど、キリスト教・イスラム教その他宗教一切御免と言われる方も私の周りには多数おられます。
つまりそういう人たちは崇める対象がエホバでないと認識して崇拝
しているので架空の神を崇める、つまり偶像礼拝ではないでしょうか?
ルーツが同じでも結果的に崇める対象が別では「異教」だと思います。

もちろんwhat-towerさんは "単純に" とわざわざ書かれているので、そういう類の内容を意識しておられるとは思います。
ただ少し alpo さんの書き込みに違和感を覚えたので・・・。
Commented by 生はげ at 2009-01-04 10:57 x
いつも楽しく読ませて頂いてます。

わったわさんに突っ込んで欲しい点なんですが、集会が減った事に関して…

1その日が近づくのを見てますますそうしようではありませんか

2王国を第一にしていれば他のものは備えられる

↑この二つの聖句に矛盾しているように思います
2に関しては確か燃料費の高騰がどうとか言ってたので(発表があった頃は交わってました)

現役のやつらは変だと思ってないんでしょうか?
ぼくは最近交わってないんでエホ世論がわかりません
なんかもう洗脳されてるやつらムカつきます
Commented by possible at 2009-01-04 11:14 x

あけまして,おめでとうございます。

新年早々,興味深い話題をありがとうございます。(゜゜)(。 。 )ペコッ

わったわーさんが,それは「偶像礼拝ではない」
と言ってるのは,「そこに偶像がないから」
ということを言ってるわけです。
他の説明は,そのための「補足」ですね。

エホバの証人は,何もわかっちゃいないのです。
「偶像を拝まない宗教」を「偶像礼拝」と言うな
ってことです。
Commented by possible at 2009-01-04 13:46 x
ヘブライ語に関しては,「断定的に」言わないほうがいいと思いますよ。

「御輿」(みこし)の「御」(み)というのは,
明らかに,「輿」(こし)の尊敬語です。

「神輿」と書いて「みこし」と読ませるのは,
「当て字」だと私は思います。

ヘブライ語学者の故・川守田英二博士によれば,
「御輿」(みこし)の「輿」(こし)は,
ヘブライ語の「キッセー」(throne,「王座」「み座」の意)
が語源ではないかと述べています。
Commented by possible at 2009-01-04 14:15 x
失礼。

よく調べたら,わったわーさんの説明は,
元々は,川守田博士の説明ですね。
博士は,こう述べていました。

「「みこし」という日本語を考える。
これは「カダシ」(神聖)にミという分詞接頭語を附した
「ミカダシ」“holy thing, temple”の中間ダの脱落したものに相違ない。・・・
この外「ケシ」“throne, high seat, chair”「座」「位」「たかみくら」
という語があって,その転義は「腰」であろうと述べておいた。」

(川守田英二著「日本ヘブル詩歌の研究(下巻)」 八幡書店,昭和62年。273ページ。)
Commented by りほ at 2009-01-04 14:51 x
うろ覚えで申し訳ないんですが探求の本だったかにすべての宗教の大元は一緒だと書いてあった気する。
んでニムロデで言語散った時に宗教もそれぞれ散ったみたいな??

って就学前くらいに母親から習った気がするんですが(-o-;)

それだったらわったさんの辻褄合う気します。
Commented by ロッサ at 2009-01-04 15:59 x
はぁ~すごい♪ワッタワさまをさらに尊敬します!!私は、神社が偶像ではないとか、全然考えてもみませんでした。お賽銭、100円にすべきか、500円はもったいないよな、10円では少ししか願い事かなわないよな。くらいにしか、考えてませんでした♪ 
Commented by 聖マリア、 at 2009-01-04 16:52 x
possibIeさん、より正確に教えて下さり大変に為になりました。

ですから、一生学問しなければ、我々は解かるはずがないですよね。
いろいろ、こちらで、知識がはいります、ありがとう、
Commented by みっちー at 2009-01-04 20:39 x
おもしろいですが、
日ユ同祖論は学問的にまともじゃないのでダメです。
Commented by possible at 2009-01-04 20:44 x
雑学のついでに,「八百万(やおよろず)の神」について,
それが正しいかどうかは別として,興味深いので,
それについて,川守田博士が述べてる事柄も示しておきます。

博士は,こう述べています。

「「八百」(ヤオ)はエホバの御神名の一つ(YHW)に解せられる。
 「ヨラド」は(YLD)「産む」である。
 故に「八百万の神」はその実「エホバ(真神)の産み給いし,わが民(人間)」
 の義で,これを日本が八百万神を祭る多神教国と誤解したのは,
 仏教哲理の汎神論に禍せられ,偶像国のように偽装せられたためである。」

(川守田英二著「日本ヘブル詩歌の研究(下巻)」 八幡書店,昭和62年。314,315ページ。)
Commented by possible at 2009-01-04 20:51 x
私は,「日ユ同祖論」は信じてません。
日本人は,明らかにユダヤ人の「子孫」ではないです。

ただ,その文化の「影響」を多大に受けてる
と私は自分のサイトで述べています。

そもそもユダヤ人が日本に来た時,
日本には,すでに「日本人」が住んでいました。

わったわーさんの説明を「日ユ同祖論」と思うと,
たぶん,きちんとした理解はできないと思います。

なお,日本にユダヤ人が来たと述べてるのは,
きちんとした「学者」さん(佐伯博士)が述べてる事柄で,
素人がそれに反論するためには,それもまた
きちんとした説明が必要になってきます。
Commented by 聖マリア、 at 2009-01-04 20:59 x
possibIeさん、の引用文は、正しいと思います。
こちらも、下っては、この書を読んだ記憶が蘇えります。
日本人は「ユダヤ人」では、無い事は間違いありません。
Commented by りほ at 2009-01-04 21:09 x
二度目のレス失礼致します。えっとJWがいう偶像崇拝って芸能人アイドルも偶像化して崇拝すると偶像崇拝という教えなので、

太陽崇拝とかも太陽を偶像化して崇拝するという意味で偶像崇拝ですよね?

だから偶像の有無ゎ関係ないんぢゃないかと思いまして。
Commented by possible at 2009-01-04 21:14 x
ええ。

ですから,わったわーさんは,

 「自分は組織崇拝してるくせして。」

って言ってるわけですね。

きちんとわったーさんが「言わんとしてる事柄」を理解しないと,
変な説明(反論)しかできないと思いますよ。
Commented by 屁理屈野郎 at 2009-01-04 21:46 x
上で色々と主張した者です。書き方が悪くて申しわけありません、私としては what-tower さんに反論するつもりは全くありませんでした。
ただ、コメントの流れが現在の神道も全肯定しているように思えたので気になっただけです・・・(汗

組織崇拝が好例ですが、possible さんその他皆さんがおっしゃってるように、無形物への崇拝も広い意味では「偶像崇拝」に該当するのではないかと思っただけです・・・。
コメントの雰囲気を悪くしてすみませんでした。
Commented by possible at 2009-01-04 22:14 x
おそらくね,そういう言い方を続ける限り,
きつい返信が返ってくると思いますよ。

つまり,エホバの証人こそ,「偶像礼拝者」だと。
世の中で,これ以上の偶像礼拝者はいないと思います。
Commented by 屁理屈野郎 at 2009-01-04 22:31 x
私もエホバの証人は完全な偶像礼拝者だと思います。
これから口調を改めて行きます。忠告ありがとうございました。
Commented by Aurelia at 2009-01-04 22:33 x
あけましておめでとうです。

ユダヤ教と神道の類似点は研究生の頃から知ってました。
現役の頃、仮小屋の祭りに関するものみの塔の記事を読むと
「新嘗祭」だと心の中で突っ込みを入れてました。

実はうちの家系はひいおじいちゃんまでは代々神主の家系でした。
でも、私は霊感体質ではないんですがね。(笑)

もしかしたら、私がJWと研究するのにあまり抵抗を感じなかったのは
旧約聖書のユダヤ教の雰囲気と神道の雰囲気が似ていたからかも
・・・。

八百万の神って森羅万象に宿る神のことだったんですね。
神の偏在性に関しては教会などで教えてもらってるけど、
理屈では分るんですけど、(元JWの感覚が染み付いてるせいか)
体感ではいまいち分らないんですよね~。いつかは体感で分るのかな。
Commented by possible at 2009-01-04 23:12 x
そんなに詳しく知ろうとしなくてもいいんじゃないんですかね。
もともと「厳密な教義などない」のが神道なのですから。

エホバの証人の教えでも,
イエスが,「人間」の指導者も「神々」と呼ばれてる
という言葉(詩編82:6)を引用したと述べています。

また,モーセも「神」と呼ばれています。(出エジプト記7:1)

時に,み使いも「神」と呼ばれ,イエスも「神」と呼ばれ,サタンも「神」と呼ばれます。

さらに,「神」と訳されているヘブライ語「エローヒーム」は「複数形」なので,直訳は「神々」です。

私たちがイメージで思わされてるほど,旧約聖書と神道は,すごく違うというわけではないと思います。
Commented by みずき at 2009-01-05 08:00 x
今年は一般参賀にも詣でたのですが何万もの人たちと、長い行列を歩いて宮殿に登っている最中、フト、「一致」の書籍の挿絵(エホバの山に登ろう)を思い出して苦笑いしましたw
神社に幾たびに、日本人でよかったとと自分のルーツに感謝します♪

祈るというよりも、他力本願によって生かされていることへの感謝。で「念じて」参りました^^ 打倒JW!ワッタさん、皆さんも良い年になりますようにと。
Commented by かめ at 2009-01-05 14:21 x
日本人とユダヤ人が同族かという真偽は難しいですが、そもそも今ユダヤ人と名乗るのは誰か?という事も大事だと思う。
イエスを憎んだパリサイ人はサタンの会堂と言われた。そのサタンの会堂の流れは現代まで脈々と続き、世界を支配する偽ユダヤ人(イルミナティー)に繋がったと思う。
とにかくユダヤ人は聖書を紐解く上でも、そして歴史を知り、聖書預言に基づいた未来を予測する上でも重要な民族だと思う。
Commented by がっ at 2009-01-05 19:46 x
がっ は今はさすがにまだいけませんが
何を隠そうおみくじは好きです。
ついでに言うと、雑誌についている占いも気になります。
げんえきーーー。ですがねぇ。

ま、自由がいいよね。やっぱ。
Commented by ロンちゃん at 2009-01-05 21:46 x
明けましておめでとうございます!

新年早々、盛り上がっていますね。

宗教に関して「ご自由にどうぞ」状態のロンですが、神社は、天照大神はじめ、明治天皇・菅原道真・乃木希典・吉田松陰・愛新覚羅等々、人間を祀っている(神として扱われている人もいる)ので、現役JWさんは、偶像礼拝(人間崇拝を含む)として嫌っているのでしょう。

自分達がトーチタイの人をイエスの兄弟・神の養子として、バリバリ人間崇拝しているくせにね。

初詣も日本の慣習のようなものなので、良心に任せていいのではと思います。

ところで、わったさん、「脱塔の神」を祀る「わった神社」をつくるのはどうですか?


Commented by 駄犬 at 2009-01-05 22:07 x
自然消滅してはや1年、家族で初めて初詣にいってきました。子供たちは初めてなのでわいわいはしゃいで喜んでいました。周りからすると不思議な家族にみえたかな?

おみくじひいたら大吉!!願い事すべてかなうべし・・・・なんだかうれしかったです。あ~自由ってステキ
Commented by what-tower at 2009-01-05 23:38
ローリンさま

あけおめです♪
統治体に日本人ですか。いまのところないでしょうな。

昔日本を訪れた、ザビエルとか多くの西洋人さんが、日本の神社などを見て不思議な気持ちになったそうですね。なんだか、神殿や幕屋に似ていると。
Commented by what-tower at 2009-01-05 23:40
聖マリア、さま

今は、そういった日本の神道とユダヤ教の繋がりの本が多くありますから、機会があればまたお手元に置かれるのも良いかもしれませんね。
悠久の時に、思いを馳せることができます。
Commented by what-tower at 2009-01-05 23:41
alpoさま

あけましておめでとうございます。
なんでしょうかね。あの神社へ行ったときの感覚は。
本当に、日本に産まれたことを感謝しますね♪
Commented by what-tower at 2009-01-05 23:48
屁理屈野郎さま

あはは。コメントありがとうございます。
ボクも屁理屈をこねてます。

>つまりそういう人たちは崇める対象がエホバでないと認識して崇拝
>しているので架空の神を崇める、つまり偶像礼拝ではないでしょうか?

これは難しいんです。
というのは、文字通り聖書を読むと、アブラハム、イサク、ヤコブは、エホバの名を知らずに崇拝してたことになります。(出エ6:3)
偶像崇拝者ですか?
彼らは全知全能の神を崇拝していました。

また、新約時代には、ギリシャ語の写本にテトラグラマトンはありませんね。

エホバの証人の言う“エホバ”という神は、人を、“山田さん”と呼ぶような感覚で“エホバ”と名付け、その名前の本当の意味すら知らない(こじつけの説明しか知らない)わけですから、むしろ偶像崇拝なのではないかと思います。

これもまた、屁理屈で申し訳ないです。w

忌憚のない話し合いをできる場は好きですので、また書き込んで下さいね。
Commented by what-tower at 2009-01-05 23:51
生はげさま

生チョコとかとおなじようなのですか?
失礼。

もう集会の削減は、説明つかないですよね。
現役さんは矛盾感じてないんじゃないですか?
そこまでやる気のある人もいないのかも。
元気なおばちゃん以外は。

ほんと、意味ぷーですね。
Commented by what-tower at 2009-01-05 23:55
possibleさま

あけましておめでとうございます。

書き込みをしてくださると思っていました。
というよりむしろ、ボクなんかではなくポッシブルさんが書くべき話題とすら思っていました。

特に、ポッシブルさんのサイトの

◆ 日本語の「仮名」と「ヘブライ文字」の不思議な関係
◆ 八咫鏡(やたのかがみ)と神の御名(み名) 森有礼の唱えた神鏡ヘブル文字説

をお読みいただければ、もっと掘り下げてご理解いただけると思います。
ボクのは、外側をなぞっただけの説明です。
Commented by what-tower at 2009-01-05 23:58
possibleさま

>エホバの証人は,何もわかっちゃいないのです。
>「偶像を拝まない宗教」を「偶像礼拝」と言うな
>ってことです。

解説ありがとうございます。
まさにそういうことです。

広義で言えば、多くの宗教に偶像崇拝があるともいえますが、JWの教育では、他の宗教は木や石で作られた目に見える像を崇拝しているという意図的な刷り込みを行っているように思いますね。
Commented by what-tower at 2009-01-06 00:00
りほさま

なるほど、バビロンから広がったという説明ありましたね。

ただ面白いのは、ユダヤの神殿や日本の神社のみにあって、他の宗教には共通しない習慣が多くあるという点です。
Commented by what-tower at 2009-01-06 00:02
ロッサさま

ありがとうございます。でも、そんなに尊敬しないで下さい。困っちゃいます。(^_^;)
自分が学者で調べてわけではないので、調べた人の言葉の寄せ集めです。
あんまり左脳ばかりだと駄目ですね。ロッサさんのように右脳を働かせないと。
Commented by what-tower at 2009-01-06 00:04
みっちーさま

すみません、日ユ同祖論を展開したわけではわりませんが、ご理解いただけましたか?
日本人のルーツはそんなに単純じゃないですし。

ただ、イスラエル人が入ってきているということは、学問的に研究されていますし、物証が多くあります。
Commented by what-tower at 2009-01-06 00:08
Aureliaさま

あけましておめでとうございます。

>現役の頃、仮小屋の祭りに関するものみの塔の記事を読むと
>「新嘗祭」だと心の中で突っ込みを入れてました。

なるほどそうですね。
祭り系も、本当に共通していますよね。

自然界全てに畏敬の念を持ち、そこに神の現われを見出すというのは、素敵なのではないかと思います。

神の遍在は、完全な救いに不可欠ですね。
なぜなら、自分自身も神の一部であり、神の一部である自分を、自分自身である神が憎めるはずがないからです。
なんだか哲学的になってきましたが。。。

まぁ、ほんと、左脳ではなく、右脳も使えばいいじゃない!?というのが、ここ最近の感想です。
Commented by what-tower at 2009-01-06 00:13
みずきさま

>今年は一般参賀にも詣でたのですが何万もの人たちと、長い行列を歩いて宮殿に登っている最中、フト、「一致」の書籍の挿絵(エホバの山に登ろう)を思い出して苦笑いしましたw

あはは。
でも、聖書預言の成就だったりして。www
なんてね。

しかし、新年になるとなにかにとりつかれたかのように神社に向かう日本人。
DNAに刻まれているんでしょうか。

本当に、不思議です。

>他力本願によって生かされていることへの感謝。

本当にそれが大切ですね。感謝です。

>で「念じて」参りました^^ 打倒JW!ワッタさん、皆さんも良い年になりますようにと。

え~!?
貴重な参拝の機会をっっ!すみません!
わざわざありがとうございます(^_^)
Commented by what-tower at 2009-01-06 00:15
かめさま

きたきたきた~!イルミナティーwww
誰がこの話題を出すかな~と思ってました。

そうね~なんなんでしょうね。
彼等はかれらなりの解釈で、自分たちで世界を動かすために聖書預言を用いていますが、ここのところのアメリカ経済の失墜は、かなり打撃になっているようですね。
Commented by what-tower at 2009-01-06 00:17
がっさま

現役がおみくじ好きかい。ww
あと占いね。w

かなり厳密な占星術などは、あながち馬鹿にならないんですよね~。それこそ、産まれた場所から、時間まで正確にわかならいといけない奴ですが。

真に受けるではないにしろ、世の中不思議なことが多いです。
Commented by what-tower at 2009-01-06 00:21
ロンちゃんさま

あけましておめでとうございます(^_^)

管理人不在で、盛り上がってくれていました。
申し訳ない感じです。でも良かった。

JWは、歴史理解も浅はかに、偶像崇拝だの、異教の習慣だの言いますしね。
しかも、完全に全部駄目ならともかく、なんかよくわからない基準。
乾杯は駄目だけど、結婚指輪やネクタイはいいとか。

ま、あんなアホらしい宗教はさておき、色んなものに感謝して生きられればいいっすよね。

わった神社すかwww

自然消滅できますようにの守神様ということで。。。

魘されるかもよ~。きひひ。
Commented by かめ at 2009-01-06 00:23 x
ハハハハなんだワッタワさんもチェックしてましたか。笑
いや、冗談抜きに彼らはやばいっすよ。上層部はサタンと夕飯食ってるらしいし!?今のユダヤ人(偽)の世界舞台における影響力の大きさを見ると背後にやはり…
アメリカ経済の破綻も、自演911のミスで、世界がアメリカについていかなくなって、彼らがアメリカを見捨てたんじゃないかな~、なんて僕は予測してます
一段落したら調査して記事書いてね(はーと)
Commented by what-tower at 2009-01-06 00:24
駄犬さま

家族で、いいですね!そういうイベントがあるのはいいことですな。
仲も良くなるし、すごくほほえましいですね。

じ・つ・は、

ボクも大吉でしたよ(^_^)
まぁなんでも嬉しいからおっけいですね。

大凶でも、これで今年の悪運は使い切った、あとは上がるだけ!と思えばいいですし。
Commented by what-tower at 2009-01-06 00:29
かめさま

ははは~。
そうそうそう!911自作自演ね~
それに乗っかって、911の感動的な記事を書いた「目ざめよ!」誌って。。。
まぁ、繋がってますからね。ラッセル家以下。

見捨てたのは、メーソンの方かなとも思います。むしろ、イルミナティー自身が、最後の悪あがきをしているようにも感じますね。
いずれにせよ、アメリカ型資本主義が今年あたり完全崩壊に向かうと思われますので、成り行きが楽しみですね。

調べて記事、殺されない程度に書こうかな。www
Commented by へり at 2009-01-06 00:35 x
いつまでもハンドルが屁理屈野郎なのもあれですので略します。

説明を受けて遅ればせながら理解しました。
エホバの証人になったことがないので、エホバの名前自体が重要な意味を持つという概念を知っていませんでした。すれ違ってしまっていたようです。ますます申し訳ありませんでした・・・。

ちなみに上で話題になっていた削減ですが、知人の現役さんに言わせると「密度が濃くなってうれしい」とわけの分からない感動をしていました ^^;
Commented by possible at 2009-01-06 00:48 x
わったわーさん>
一人一人への返信,ご苦労さまです。

偶像礼拝に関しては,一口に,
「仏教」とて,偶像礼拝とは言えないんですよ。
うちの掲示板でも言いましたが,
だから彼らは,「開眼供養」ってのをするんです。
(意味が分からない人は,ググってください。)

それに,よく言われることですが,
偶像を拝んでるんじゃなくて,
「それが表すもの」を拝んでいるわけです。

それが「法身」,あるいは「報身」と呼ばれるものであれ,
本来の仏の姿は,「人間の目には見えない」わけです。


「おみくじ」に関しては,これもまた,聖書に由来します。
ためしに,ものみの塔ライブラリで,「くじ」って検索してください。
これでもかっていうくらい出てきますから。
ちなみに,ユダ・イスカリオテのかわりにもう一人
新しい使徒を選ぶ時も,「くじ」で決めました。

いちいち説明はしてられないので,
みんな,「ちゃんと調べてから」反論してくれ。
調べもしない人間が,くだくだぬかすんじゃない。
Commented by hanamizukidayo at 2009-01-06 15:40
possible さん、
皆さん段階があるんですよ。
反論ではなくてね。
JWにかかわった人間、いつかはユダヤキリスト教根源とか
かめさんのように世界を支配するユダヤ人陰謀(説)とか
行き着くと思いますよ^^ 面白いものですね。
Commented by possible at 2009-01-06 19:48 x
私は,「ユダヤ人陰謀説」なんてものはデタラメだと思ってます。

そこに「行き着く」というのは,頭がおかしいか,あるいは,とてつもない「偏見」を持ってる人間に違いないと私は思います。

かつて,そのような「偏見」のもとに,あの「ホロコースト」のような悲しい事件が起きているのでしょう。

日本でも,その昔「穢多」(えた)と呼ばれる人たちがいますが,佐伯教授は,彼らの中にはユダヤ人の風貌のものが多かった,と述べています。

また,木村鷹太郎も,その「えた」とは「ユダ(ユダヤ)」から来てると述べています。もしかしたら,ユダヤ人の子孫が,日本でも,そうやって「迫害」をずっと受けてきたのかもしれません。
Commented by hanamizukidayo at 2009-01-06 21:35
>頭がおかしいか,あるいは,とてつもない「偏見」を持ってる人間に違いないと私は思います。

そうきましたか^^

>かつて,そのような「偏見」のもとに,あの「ホロコースト」のような悲しい事件が起きているのでしょう。

ホロコーストもいろいろな説があるようです。
もちろん、何を正しいと考えるかは
個人の自由であり、自分と考えが違う人を
おバカ扱いするつもりは私は持ち合わせて
いませんが?
Commented by へり at 2009-01-06 21:43 x
possibleさま

・偶像
>それに,よく言われることですが,
>偶像を拝んでるんじゃなくて,
>「それが表すもの」を拝んでいるわけです。
いつもこの点が気にかかっていました。実体が無くても神以外の何者かを「拝む」のであれば立派な偶像礼拝ということではないのですか?
例えばそこら辺に植わっている花を見て美しさに感動するのはいいことでしょうが、毎日それに手を合わせて唱えたりしていたら明らかに変ですし。

・くじ
たしかに聖書にくじは登場しますが、だからといってくじに全く問題が無いかとは言い切れないのではないでしょうか。
楽しみでやる分に関しては何の反論もありませんが・・・。
Commented by possible at 2009-01-06 22:32 x
はなみずきさん>
別に,無理して私に「話しかけなくていい」ですよ。
もともと,あなたとは親しくないですから,


へりさん>
特に,あなたに言いたいことはありませんが,
もっと,よく勉強してくださいませ。
花が云云と言ってる部分などは,説明(論理)が「おかしい」ですから。
花に向かって何かを唱えてる仏教徒でもいるんですか?

あなたの説明では,完全に「JWが偶像礼拝者」なんですよ。
ご自分で「神以外の何者か」って,言ってるじゃないですか。
そこまで言っていて,なんで分かんないんですかね。

「くじ」に関しては,「問題なし」とは私は言ってませんよ。
単に,聖書にも「くじ」という言葉が出てくると言ってるだけです。
Commented by hanamizukidayo at 2009-01-06 22:46
possible さん、
ご安心ください。
無理なんてしてませんよ。
あなたの「知識」は興味深いです。
オリジナルでない箇所は。
Commented by possible at 2009-01-06 23:03 x
ええ。
だから,「話しかけなくていい」って言ってます。

何の「意図」があるんですか?
私の印象では,貴女には何も「良い印象はない」です。
Commented by hanamizukidayo at 2009-01-06 23:18
人格攻撃ですか。
お偉い方なんですね(笑)
Commented by possible at 2009-01-07 18:46 x
私は,べつに,偉くはないですよ。
ただ,今までのあなたの言動に対して,
「ふざけんな」って思ってるだけです。

どっちみち,ふざけたことしか言えないんだろうから,黙ってろよ。
お前こそ,どんだけ偉いと思ってんだ。
最後の(笑)の文字で,どんだけ笑って,バカにしてんだ。

人をばかにしてれば,ばかにされるんだよ。
Commented by へり at 2009-01-07 22:18 x
possibleさま

以前からコメントのやりとりをしていて話がかみ合っていない気がしています。
私が言いたかったことは
仏教や神道の習慣などにあまりに寛容になりすぎるのはいいのか
ということです。
もちろんJWの方々が主張する「何が何でも避けるべき」と言う意味ではなく、自ら積極的に関与することに対してです。
起源が何であれ、聖書の通りでないのならよろしくないのではないでしょうか?
JW も一応、聖書が起源でしょうが、あの様です。

よって JW 同様、仏教その他あらゆる宗教も "基本的には" 偶像礼拝にあたるのではないでしょうか?

私の性格が悪いせいでどうしても攻撃調の文体になってしまいますが、批判というよりむしろ質問のつもりです。
Commented by possible at 2009-01-08 19:59 x
はなみずきさん>
きつい言葉を言ってしまって,少し「反省」してます。
悪かったですね。
機会があったら,うちのサイトにも遊びに来て下さい。

へりさん>
もともと,ブログのコメント欄は,何かを論じ合うのに適してません。
あなたの今の環境(JWか,元JWなのかなど)も知りませんので,
私は適切に返答もできません。

私の立場は,私のブログで述べてます。
だから,見てる人は分かってるはずです。

私は,内なる神以外の崇拝は,偶像礼拝という立場です。
だから,ことさら,仏教や神道を擁護する立場にはありません。

ただし,これもまた,ブログで述べてる事柄ですが,
古代日本の精神的指導者は,「仏は心の中にいる」と言ってます。
だから,JWが考えているような感覚で仏教や神道を批判すると,
これもまた,的外れになります。

特に,JWのように他の宗教を「調べたこともない人間」が
他人の信仰を偶像礼拝だのと批判するのは御法度です。
Commented by はな みずき at 2009-01-08 20:51 x
ヘリさんへ

よこから失礼します。
ヘリさんはクリスチャンの方なんでしょうか?

余計なお世話かもしれませんが、私は
エホ辞めてブラブラしている自称クリスチャンです。
日本文化伝統(神道他)を偶像視しないで尊重する教会、
そういうところがあればいいなと思っています。

>仏教その他あらゆる宗教も "基本的には" 偶像礼拝にあたるのではないでしょうか?

ご質問に直接的な答えになるかどうかですが、
よろしければ参考にして下さい^^  
(コイノニアより)

http://www1.ocn.ne.jp/~koinonia/kowa/bibliolatry.htm
Commented by はな みずき at 2009-01-08 21:02 x
>少し「反省」してます。
possible さん、
少しじゃなくて、いっぱい反省してくださいよ~~^^
あ、こういう言い方が気に食わないんですねw
きっと、カワイクないのですよね。
一風変わった人はわたし、面白いと思ってますが。

>うちのサイトにも遊びに来て下さい
私は出入り禁止になってるんじゃないのですか???
アクセスできなかったですよ~ 半年位前(;一_一)
Commented by possible at 2009-01-08 22:33 x
はなみずきさん>
私は,はなみずきさんを,アクセス禁止にした記憶がないですね。
そもそも,うちの掲示板には,カキコしたこと,ないんじゃないんですか?

いずれにしても,前の掲示板は,
「エホバの証人に対する批判が多すぎる」との理由で,
霊の実さんにより「強制閉鎖」させられましたので,
去年の9月より,掲示板はまったく違うものに代わってます。

これは,「登録」しないとカキコはできないようになってます。
Commented by へり at 2009-01-08 22:39 x
possibleさま
自己紹介もせずに長々と申し訳ありませんでした。
このブログの対象者とはずれているかもしれませんが、私は JW になったことがありません。クリスチャンの一人です。

私の直接の知人には仏教や神道を本当に信仰している人はいません。ただ日本の慣習通りに、初詣をしたり家に仏壇があったり、そしてクリスマスパーティーをしたりするごく普通の人たちです。
なので仏教や神道と名指しするのは間違っていました、すみません。
possible さまのサイトも後日読ませていただきます。

はなみずきさま
資料提供ありがとうございます。時間が取れなくて上半分しか読めていません・・・。
大意は他の宗教を批判するのはよくないと言うことでしょうか?
私も批判したいとは思っていませんが、聖書を知っている者として、あえて非キリスト教徒への誤解を招く行動をとることに賛成しかねると思っただけです。
文化自体は貴重なものですし、JW の方々のように「起源は異教だからすべての行事は避けねばならない」とも思っていません。
しかしあまりにも宗教色の濃い行事、つまり神社参詣などは私たちがする分に限っては社会風紀を乱さないレベルで避けるべきではないかと思うのです。
Commented by はなみずき at 2009-01-08 23:15 x
>「エホバの証人に対する批判が多すぎる」との理由で,

 ハァ? ・・・  「強制閉鎖」させられましたので  

なんだかよく分りませんが、 possible さんの「頭」がいるのですね。
あんまり偉くないってのは本当だったのね。 あ、また余計な一言がw
個人的なことですが、お葬式の後始末が片付いたらお寄りしてみます。
「登録」してから拒否はナシですよ^^

Commented by はなみずき at 2009-01-08 23:31 x
ヘリさん、レスありがとうございます。 
>聖書を知っている者として、あえて非キリスト教徒への誤解を招く行動をとることに賛成しかねると思っただけです。

良心の問題でもあり、個々様々なのでしょうか。
そういう信念をを外部からとやかく言うつもりもありません。
教会では、JWのように「自分たちだけが唯一正しい」と主張sていないと思いますし。政治家にもクリスチャンが多いですけど、保守系の方々は
国家伝統の神道に敬意を払っておられるようです。(初詣は近くの神社とか。靖国問題は微妙)
友人に、ヘリさんのように考えておられるクリスチャンもいます。
 私は他の方の信条は尊重したいと思っています。
Commented by possible at 2009-01-09 01:12 x
掲示板に関しては,うちの掲示板に出入りしてる人は
だれもが今の掲示板になった事情を知ってるので,
他人のブログで,あえて説明する事柄ではないです。
(うちの掲示板でなら,説明します。)

なお,霊の実さんは,べつに私の「頭」ではないですよ。
いちいち,あなたの,そういう「皮肉」みたいなものにはつきあっては,いられません。
Commented by possible at 2009-01-09 01:18 x
へりさん>
あなたは,「ごく普通の」クリスチャンの感覚で,
神道などの他の宗教に対して,
異教という観点でご批判をなさってるのだろうと推察いたします。

この点に関しては,たとえば,正統的プロテスタントの雑誌
「レムナント」誌を読んでた私から見ると,
クリスチャンの感覚としては,まあ普通なんだろうけど,
「まあ,もう少し,詳しく調べてみて」としか言いようがありません。

だから,その点は,詳しく説明してあげたくても,
このブログのコメント欄では無理です。
そもそも,ここは,そういうのを詳しく話す場ではないです。
Commented by what-tower at 2009-01-11 17:56
みなさま

熱い意見交換をありがとうございます。

このブログでは、特に対エホバの証人的な記事は書きますが、それ以外は、特に他の宗教を肯定も否定もする気はありません。

ただ、いろいろな考え方があるのだなと情報交換ができる場として、こうして書き込んで下さったことは有益と思います。ありがとうございました。
by what-tower | 2009-01-04 01:37 | JW教義その他 | Comments(67)