エホバの証人(現役→自然消滅?)ですが、何か!?


by what-tower

思考の限界と可能性。

f0129849_22162135.jpg
よくわからない図柄でしょう?意味が分りません。

この図柄についてはまた後で触れます。


エホバの証人が「唯一の真の組織」などではない、
と確信し始めた頃、勤めていた会社の他の部署にいた、
数年前に排斥になっていた元2世の兄弟に近付きました。

「エホバの証人辞めるつもりなんですよ。
 ほんと、嘘ばっかでやってらんないス!」


彼は目を丸くして、

「そうなの?」

と一言。

組織のおかしいところの一部を概略だけ話し、
エホバの証人を辞めようと思う、と伝えました。

彼は、

自分は弱くて辞めようと思った。
でも世の中へ出ても中途半端だし。
いつかは戻ることになるのかなと思ってた。

と話してくれました。


しかしその会話は、
当時の自分にとって衝撃的でした。


彼はJW辞めてもう数年経っているし、
脱JW歴は自分よりも先輩なのだから、
当然、組織の中での教えとかにケジメをつけて、
新しいパラダイムで生きているのだろう。


という期待も込めて近付いたわけです。


そうしたら実際は、
辞めても思考はJWのままというか、
悶々としたまま過ごしていました。


それから、
数人の元JWとコンタクトを取るにつれて、
どうも、組織を離れた後にも、

「エホバの証人の教えは正しい」
「自分が弱いだけだ」


と思っている人がけっこういることが分りました。


「エホバ」という神がいると思う。
世の中は「サタン」が支配している。
ハルマゲドンは来ると思う。
死んだら無になると思う。



なかなか捨てられない主なものはこの4つでしょうか。


最近あることがあって(ある光景を見て)から、
細々とですがJWのことに関わっていこうと思いました。

JW的思考から解放されたいと思う方に、
ちょっとだけ先に組織から抜けた者として、
少しでもお役立ていただけるような記事を書けたら嬉しいです。


この絵を見ていただけますか。
f0129849_2422811.jpg

ではもう一度この記事の最初に戻っていただいて、
あのよくわからない模様を見て下さい。

あのよく分らない模様が、
何かの動物に見えるようになりますね。


じゃぁ再び最初の絵に戻って、
その動物以外の模様を探してみて下さい。

多分、難しくなってしまったと思います。


このことから分るように、
私たちの脳は、一度ある情報が刷り込まれると、
そこを脱却して考えるというのが非常に難しくなります。

これだけのことでも意識的に変えるのが難しいのですから、
2世として小さな頃から繰り返し繰り返し刷り込まれた思考パターンは、
なかなか抜け出ることが難しいですよね。

どうしてもJWの教えが正しいのではないか、
自分でどう考えてもそう思うかもしれません。

でも、もしかしたら、
組織を抜けても今はまだ信じているJWの教えも、
ただの刷り込まれた情報かもしれない。。。
という可能性を最初から否定しないで、
色々調べていただきたいと思います。


刷り込まれた情報があると、
ぜ~んぶそういう方向に思考が向きます。

超不景気のニュースを見ると、
ハルマゲドン来るかな。。。とか。


でも思考の幅を広げてみると、、
どういうカラクリでそう思わされてきたのか、
だんだんと分ってきます。

そして、あれはただ刷り込まれただけなんだということも。


これからの記事で、What-Tower自身が個人的に、
思考の枷から自由になるために役立った出来事や、
出会った人・読んだものなどをぼちぼち書いていこうと思います。
(実はこの点に関しては、今まで意図的に書いていませんでした。)

それが絶対というのではなく参考程度で読んでいただければ結構です。

良かったら皆さん自身の辿った経緯なども良かったら教えて下さいね。


図版出典:「カラスの死骸はなぜ見あたらないのか」(矢追純一著)P39、46
[PR]
Commented by ひろ(元やれやれ)笑 at 2009-04-22 06:10 x
素晴らしいね。イエス以上に良い例えで書かれている。
Commented by king_alex at 2009-04-22 08:54
現役の時から、脳科学や心理学、newtonなどの書籍を読みあさって
おりましたが、勝手にJWの真理というものにこじつけて理解しようとして
いました…(笑)
そんな中、一つのきっかけとなったのは、生物学の大学教授との
聖書研究でした。彼は「アダムとイブの目が開けたことを悪いことという
神はおかしい!」と言って譲りませんでした。

ちょうどブログにも書いたんですが、JWの枠をぶち壊す勇気を与えて
くれたものの中に、元JWICの村本氏の意見や書籍もありました。
Commented by exjw2 at 2009-04-22 10:20
全く同感です。
JWから離れて10年近くたつのに、JW的思考回路がいまだにしっかり残っている自分に愕然としました。
異なる視点からものを見ることを学ぶ、というのは大切なことですね。
Commented by 「?」 at 2009-04-22 21:22 x
あれ、ゾウさんの絵、プロテスタントでは、なかったん、
いいえ、アフリカ、?
Commented by てなもんや at 2009-04-23 01:10 x
久々に矢追の純ちゃんの名前に出会って
なつかしいなー と思いました
ネットで検索してみたら やっぱり「アセンション」に絡まって
書いていましたね
昔からの矢追節でしたね

そうそう エホバの組織もそろそろ2012年 「アセンション」を意識して
運動を盛り上げるかもしれないですね
自分をとりもどせないで エホバの組織から出ていった
ワッタワちゃんの前の職場の二世も
ひょっとしたら「改心」して?組織に戻り
ひょっとしたらWTの「経験」に載ったりしてね
そんなことの ないように 祈ります
Commented by what-tower at 2009-04-23 20:10
ひろさんww

どもです。

ぃやぃや、ボクなんかまだまだです〜。
ついに、ハンドルネーム脱ぎ脱ぎしましたかwww
Commented by what-tower at 2009-04-23 20:12
king_alexさま

そうそう!全部、JWの教えにむりやりこじつけて考えますよね。
今考えると、恥ずかしいっていうか、無知だったっていうか、ただの無茶!?

JWICなどは非常によく練られてますよね。
過剰な批判よりも、冷静な分析っていうのはパンチありますよね。
Commented by what-tower at 2009-04-23 20:15
exjw2さま

JW離れて10年経つんですかぁ。

JWであったことを全否定する必要はないと思いますが(むしろそれを売りにしればいい!?)、あまりに狭い視野で考えてしまうとか、白黒で決める癖とか、そういうのからは完全脱却したいですね。
Commented by what-tower at 2009-04-23 20:15
「?」さま

ゾウさんがプロテスタント?
むむむ。

それは難解だ。
Commented by what-tower at 2009-04-23 20:20
てなもんやさま

矢追さんは、ただのUFO研究家ではないのですなw
さすがやれやれさんは物知りだ。
矢追さんがアセンショニストだとは知りませんでした。

しかし、JWの出版物は不気味なほど、今盛り上がっているアセンションやスピリチュアルについては触れませんね。最近の、運命についての記事も、相変わらず古めかしい運命論への批判に終始していて、そういう意味でも、もっと世の中の流れを研究して批判をしてしかるべきなのでは?などど余計なお世話なことを考えました。w
社会批判をしなくなった共産党みたいなもので、どうも、組織のやる気のなさ、倦怠感が滲み出ているように感じました。
Commented by はな at 2009-04-24 18:08 x
お邪魔しまーす。
JW系のブログにコメント書くの、実はあまり慣れてない上、超ひさびさなんで緊張して手が震えますよ・・・

おなじ日に、ちょっと似たような記事書いてたんですね。
いやいや、記事のすばらしさは負けますけど。

それにしても、うんこが奉仕鞄もってるこのテンプレートw
かわいいなーー
Commented by what-tower at 2009-04-29 03:19
はなさん

わざわざおいでださって書き込みまでして下さってありがとうございます〜!

はなさんの記事、すごくいぃですよ。
「探すのをやめたとき」
そうですよね。

この世が“無常”(変わらないものはない)ことに気付くと、JWの言う楽園というのがいかに不自然かも、頭ではなく体感として掴めると思います。

久しぶりに、テンプレに突っ込まれましたぁw
みんな、もう麻痺してるみたいでwww
Commented by Aurelia at 2009-05-02 14:59 x
こんにちは。

<これからの記事で、What-Tower自身が個人的に、
思考の枷から自由になるために役立った出来事や、
出会った人・読んだものなどをぼちぼち書いていこうと思います。>

そうですか。それはとても興味深いですね。

ちなみに、

<最近あることがあって(ある光景を見て)から、
細々とですがJWのことに関わっていこうと思いました。>
って言う、ある光景とはどんな光景なんですかね?

今後の記事、楽しみにしてますね。
Commented by what-tower at 2009-05-05 01:40
Aureliaさま

>って言う、ある光景とはどんな光景なんですかね?

それはちょっと。。。今はまだ刺激が強すぎると思いますのでw
いずれ。

なんか感じ悪くてすみません〜。

でも、まだ書く時ではないかな、と。
Commented by karadakara at 2009-05-23 13:29 x
JW解約に役立つ資料!是非宜しくお願いいたします。

自分自身はJWを否定できているのですが、それを他人に説明するとなるとどうもうまく行く気がしていません・・・・。

この資料をつかっていけば、というようなノウハウがあれば是非共有してください!
Commented by what-tower at 2009-06-02 02:18
karadakaraさま

こんにちは。

>この資料をつかっていけば、というようなノウハウがあれば是非共有してください!

出版物をスクラップして個人的に作ったファイルがあるのですが、それは破壊力あると思います、、、が、共有が難しいんですよね。資料が必要でしたら、それを渡してしまう方が早いのですが。
やはり、サイト形式にしてPDF配信ですかね。

個人的には、論理でJWの間違いに気付くところから入ったのですが、結局、右脳的な方向に行きました。

理屈で間違っていることを指摘するのは簡単なのですが、それを受け入れることのできる精神状態に相手がいるのかどうかというのが、、、難しいですね。
Commented by at 2009-07-03 03:19 x
ところで、1Q84読みました?
Commented by 名無し。 at 2009-07-14 21:32 x
村上春樹氏の本、エホバの証人のことが半分も書いてあるとか?
読んだ方がいいのか迷っています。
キリスト教はほとんど同じ内容との結論になりつつあり。分裂、分派で、
世界に広まったと思う。戦争が創世記以来「エホ」にも起きているもの。
Commented by what-tower at 2009-07-25 23:43
青さま

読んでません〜。
「証人会」でしたっけ!?w
Commented by what-tower at 2009-07-25 23:44
名無し。さま

>キリスト教はほとんど同じ内容との結論になりつつあり。分裂、分派で、世界に広まったと思う。

あはは。そうですね。
まぁ、JWは所詮、その一派ですな。
by what-tower | 2009-04-22 02:45 | コラムなど | Comments(20)