エホバの証人(現役→自然消滅?)ですが、何か!?


by what-tower

われわれはどこから来てどこへ行くのか④

ヒプノセラピーで自分が見たものは、
自分の脳が作り出した幻覚ではないのか。

退行催眠による前世体験については、
前世療法」「魂の伴侶」などの著書で知られる、
精神科医のブライアン・L・ワイス博士の研究が有名である。

日本では、福島大学経済学部教授の飯田史彦氏が、
生まれ変わりを実証する例や科学的検証・研究を、
生きがいの創造」という本にまとめている。

他にも沢山の研究者が輪廻転生の証拠を集めている。
もともと宗教やスピリチュアルとはほとんど無縁だった人が、
ひょんなことで研究することになったパターンも多い。

そういったものを偏見抜きに調べるにつれ、
これはひょっとするとひょっとして、
魂は何度も肉体を取り替えて生き続けるのかも、
という可能性を否定できなくなっていた。

実際、これほど沢山の、
“生まれ変わり”の実証例があるとは、
JWだった時には知らなかった。


だがそうすると聖書はどうなるのか。

聖書を素直に読んだとき、
「死んだら無になる」
というのが聖書の教えだという主張は、
根拠薄というか、暴論だと薄々感じてはいた。

JWは2,3の聖句を文字通り解釈することで、
「死んだら無になる」の根拠としている。

だがそれらの聖句も、前後の文脈を読むと、
著者は「死んだら無になる」ということが
言いたかったわけではないことがわかる。


それに対して、
死後も生き続ける魂についての描写は、
自分でざっと数えただけで20は軽くあった。
(これについては後日別に詳述します。)

もちろんJWはその全てを、
“比喩表現”で片付けているのだが。


では輪廻転生についてはどうなのか。

輪廻転生に関しては、現在のほとんどのキリスト教派が否定している。

紀元325年、
時のローマ皇帝コンスタンチン大帝は、
その母へレナとともに、聖書中の「輪廻転生」に関する記述を削除。

紀元553年、
コンスタンチノープル第2回宗教会議において、
この削除が正式に認められ、「輪廻転生」は異端となる。

「輪廻転生」の教義があると、
民がいざというとき蜂起しかねない。

また信者に「正しい行動」をさせるためには、
最後の審判という脅しが必要だという、
宗教的・政治的策略があった。

そのため「輪廻転生」は聖書から削除された、
というのが比較宗教学の通説である。


まだまだ探求すべきことは多いと感じた。



さて次はどうしようと思っていた矢先、

「魂の声を探ってくれる人がいる。」

というなんとも怪しげな情報が入った。

特定の宗教団体とは関係なく、
ヨガや瞑想を教える先生がセッションをしてくれる、
ということだったので予約し、行ってみることにした。


場所は、東京都内某所のマンション。

メインの広い部屋がヨガ教室として使われていて、
アロマの香りが漂う中、お金持ちマダムたちが集まっていた。
(ユニクロを着てても洗練された高級服に見える種族↑)

こぢんまりとした部屋に通され、
お会いしたのはごくごく普通の中年の女性だった。


“知りたいことはなんですか?”


「自分の魂の目的を知りたいです。
 自分はどうしてここにいるのか、とか。」



“わかりました。”


そう言うと彼女は左手でボクの手を取り、
もう片方の手にペンを持って、
目をつむった。


手を握ったまま30秒くらい経過した。
彼女は、探るように、ゆっくりと書き始めた。


――――――――――――――――――――――――――――――――――


“あなたの魂の声をお伝えします。


     (中略)


 何度も戦争に参加しています。
 
 日本   ドイツ   中近東

 中国   いくつかの国で

 また  更に  逆のぼって

 宇宙時代(地球以外の星で)

 生命体として  生きた時も

 あわただしい  戦いの中に

 生きたことがあります



 その時々で  それぞれ  使命感を持って

 教育を受け  自分の国を  家族を

 星を  守るために争い

 戦いに参加するという

 気持ちでいました。


 実際に戦場に出たこともあり

 また  武器を製作したり

 作戦を練る側にいたりすることもありました。



 その時々で  真剣であり

 必死に 生きていますが

 本当に  これで  良かったのか? という思いや

 無念の思い  (争いに負けたり  勝っても

 心  満たされなかったり)  が  残っています。



 この  思いが  生まれ変わりの中で

 あなたの  魂のベースに  なっています。


     (中略)


 また  あなたが考え  良かれと思って

 進めることに  強い反対意見を持つ方もいて

 対立したことも  よくありました。

 いろんな考えの人がいるのはわかるが・・・

 どうしても  敵対してしまう

 自分なりに信念を持っていても

 思いが  かなわず

 無念の思いも  残っています。


     (中略)


 以上、あなたの魂から感じたことです。”



――――――――――――――――――――――――――――――――――

f0129849_235033.jpg



マンションを出た。

とにかく座って考えたかったので、
近くにあったベローチェに入った。

ゾクッとするほどヒプノセラピーの内容と同じだった。

セッションをしてくれた中年の女性は、
ボクのことで知っていることと言えば、
予約時に伝えた名前と携帯番号くらいだ。

もちろんヒプノセラピーの話なぞ、
一切していない。


しかし、よくまぁ戦ってきたこと。

戦いなんていつの時代にもあるし、
ありふれた過去世なのだろう。

そしてやはり『戦いのない人生』の選択は、
ヒプノセラピーの時も今回も共通していた点だ。

「非戦」が自分の魂の今生の悲願、
ということになりそうだ。


・・・それと、
地球に来る前にも他の星で戦っていた!?

 ※セッション後にこれについて質問したところ、
  地球での、武器を使う戦い方とは根本的に違う、
  念波動とかサイキック的な戦い方って感じかな、
  もっと精神戦的な、と説明された。う〜ん。


こんなことを考えていると、
JWが偽りの宗教だと糾弾したり、
相手に自分の思う正義を振りかざして戦うことも、
なんだかバカバカしくなってきた。

てかスケールが違いすぎる。


戦うのは簡単だ。

最初は正面から審理委員会でもなんでも、
戦ってやろうという心意気でいた。

でも。。。

自分でこのブログの過去記事を読み返してみると、
心の変化が文章に表れているなぁと思う。


JW思考から解放されてからの探求が、
まさかこんなマンガチックな展開になるとは。

審理委員会招集頃の記事は、
一部掲示板で「作り話」説が出たが、
これなんかどうします!?w

本当に「事実は小説より奇なり」なのか。

「われわれはどこから来てどこへ行くのか⑤」に続きます。
[PR]
Commented by alexus at 2009-10-27 21:57 x
こんにちは☆ お元気そうで何よりです!
「われわれはどこから来たのか」シリーズ
いつも楽しみにしておりまする。

記事を読んでいて なぜだか
心臓移植を受けた人たちに起こる「奇」なる事柄を
研究しているハワイのDRの事を思い出しました(?)

いつも いろいろ考える糧を提供してくださり
ありがとうござりまする。

続き 楽しみにしてマース♪
Commented by sumire at 2009-10-28 12:30 x
地球以外の星に生きていらっしゃったことがあるのですね。きっと、ほかの人たちも様々な霊の経歴を持って今を生きているのかと思います。知ってしまうともう後戻りできないですね。でも、記憶のない私は時々、どうしてこんなことになってしまったのだろうと思うことがあります。(現在もその最中です。)自分に与えられた機会をきちんと受け止められていないせいでそうなるのですが。
聖書の中の輪廻転生の記述をぜひ教えてください。聖句の読み方が変わってしまうと思います。というより、「地上での永遠の命」の意味が変わってしまいます。その「地上」もどこの地上なのか。
Commented by ペパミント at 2009-10-29 07:23 x
ヒプノセラピー、私もやってみたいです。
JW辞めてから占いの本など読むようになりました。が、占い師の方の元を訪れて占ってもらうことはまだしてないので、近くの占いおばさんの所に行ってみようかな~と思ってます。
Commented by かりんとう at 2009-10-30 01:56 x
こんにちは。自分は死んだら無になる派なんですが、実は不思議な夢を見続けておりまして・・・毎回同じ町を、同じ人で生きているんです。前世なんでしょうか。

でも、仕事柄死体様と向き合うことが多くて、死んだらあっけないものなのだなあ・・・と冷めた見方をしてしまいます。

Commented by what-tower at 2009-11-02 02:56
alexusさま

どもです!alexusさんもお元気そうで何よりです!

>心臓移植を受けた人たちに起こる「奇」なる事柄

これも本当に面白いですよね。
どうも記憶は全て脳が司っていると思ってしまいますが、そんなに単純ではないんでしょうね。

今後も宜しくです~。
Commented by what-tower at 2009-11-02 02:59
sumireさま

先々に書くことになると思いますが、全ての人が、「宇宙人」なのだと思います。だれもが本当にいろんな体験をしてきた魂であり、そして、根本においてひとつなのでしょうね。
物質的次元で「地上」を考えるには限界がありますね。
輪廻は聖書からせっせと削除されたとはいえ、エッセンスは残っています。そのこともいずれ記事にしますね。
Commented by what-tower at 2009-11-02 03:05
ペパミントさま

ヒプノセラピーは、面白いです。w
ただ、もしやるなら、ある程度実績ある方から受けることをお勧めします。
そういったものも、占い、霊能者も、本当にちゃんとしたホンモノ(この表現が正しいのかはわかりませんが他に語彙がないので。。。)は、10人に1人いるかいかいかなのではないか、、、と思います。
興味の範囲ということで行かれるのは良いと思います。
なんでも占いや霊能者に相談しないと決められないという、依存になりそうでしたらその時点でお辞めになるのがよいかと。一般論ですが。

実力ある方のところに行くと、あまりにも的確すぎたり当たりすぎるので、鳥肌立ちます。
Commented by what-tower at 2009-11-02 03:10
かりんとうさま

>・・・毎回同じ町を、同じ人で生きているんです。前世なんでしょうか。

面白いですね。
前世かどうかは、、、どうでしょうw
逆に来世とかもありでwww

時間、というのは物質次元にいる生物の感覚なので、霊的原理からすると、時間は存在しないとも言えるようです。

確かに、死はあっけないですね。
形あるものは、変化するのが常ですね。
「無常」とはよく言ったものです。

死んで無になるか、魂は残るのか、
死んでから答え合わせしましょう。www

もし魂が残ったら、、、
「What-Towerさんの言ってた通りでした~」
と挨拶に来ていただけるとうれしいです。w

逆に「無」だったら、
こちらから挨拶も何も、、、無理ですね。www
Commented by ロンちゃん at 2009-11-03 13:22 x
わったさんの魂の旅?では、長い年月の間何度も生まれ変わり、どの時代でも何かしら戦っていたり、元妻と現世で会ったりと同じような人と再びかかわってきているようですね。となると、未来は、ターミネーターとの死闘しかないですね・・^^。やっぱり、「虎の穴」に入っておくのがいいかも。

自分にこれをあてはめるなら、私は祖母の生まれ変わり?、どの時代も短命で終わっていたりして・・(理由はいろいろ)。先日、いつも前を通る高級服飾店に強盗が入り、近くにいた要人のボディーガードと銃撃戦となり、命の縮む思いをしましたが、こんな風にして流れ弾なんかに当たってあっけなく死ぬのかもしれません。コメントが来なくなったら、生まれ変わりの準備をしていると思ってください。
300年後、わった将軍の前で玉乗り曲芸をしているfunnyな子がいたら
きっとロンですから。

わったさんの記事を読んでたら、4~5年前に見た「NEXT(ファンセン)」という生まれ変わりを扱った韓国ドラマを思い出しました。
4人の男女が何度生まれ変わっても、その都度絡み合ってくるものです。作りは雑でしたが、泣けます。
Commented at 2009-11-03 17:52 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2009-11-05 09:43 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by what-tower at 2009-11-05 20:16
ロンちゃんへ

他にも、
あ、この人!えぇっ!?
っていうのはけっこうあります。
なんか、不思議です。

>コメントが来なくなったら、生まれ変わりの準備をしていると思ってください。

そうですか。では、やっぱり挨拶に来て下さいね。w

>300年後、わった将軍の前で玉乗り曲芸をしているfunnyな子がいたらきっとロンですから。

あの、、、もう、戦いは辞めてもいいですか?w
ぼくも一緒に曲芸やりますから。ジャグリングくらいならできますよ。リアルにw

しかし韓国ドラマにそういうのがあるんですね。
バリバリキリスト教が強いと思ったのですが。
でも、輪廻に関しては、カトリックの方が信徒間では寛容な気がします。カトリック教会に通いながら前世セラピーをしている人もいますし。
JWなら、排斥、ですけどね。
Commented by what-tower at 2009-11-05 20:18
名無し①さま

そうですか。。。
多分、ボクも同じ場面を見ています。

もう少し寛容になれたら、また違った結末があったかもしれません。
Commented by what-tower at 2009-11-05 20:24
名無し②さま

>ものみの塔の教えてくださるエホバに従った生き方が、どうしても良いことに思えないからです。

そうですね。

ものみの塔の教える神は、人間レベルの3次元的な神ですから、そういうのはそろそろお引き取りいただきたいですね。
今考えると、どうして「エホバ」などという人造神を信じていたのかなと不思議ですが、魂では間違いだと、わかっていたのだと思います。
名無し②様は、聖書を信じていらっしゃるのですか?仮に聖書が一言一句全て正しいとして考えると、JWは非聖書的な宗教です。聖書に一貫して書かれている神の偏在性を否定しているからです。致命的です。だからレベルの低い2元的な神しか把握出来ないのだと思います。まさにそれは、聖書の語る「神」から引き離す教えです。
Commented at 2009-11-18 20:22 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by what-tower at 2009-11-25 23:31
ななし☆さま

>おかげさまで 探し物が見つかった!!という気がします。

ほ、本当ですか!?
すっごく、すっごく!嬉しいです!

本当は、もうこのブログは辞めてもいいかなと思っていた時期がありました。でも、この「われわれはどこから来てどこへ行くのか」を書くために、続けていました。
なので、そう言って下さる方が一人でもいて下さっただけで、、、書いて良かったなと思います。本当に、嬉しいです!

JWでいたことも自分の魂の成長のためのひとつの体験だったのだと、一人でも多くの方が、明るく先の未来に進めることを願っています。
Commented at 2009-11-29 19:29 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by what-tower at 2010-01-07 02:45
ななし☆さま

お返事遅くなって本当に申し訳ないです。

しかし、まぁ沢山お読みになったこと!

神との対話シリーズ、ボクもすごく好きです。

こうして私たちが情報を交換することになって、ネット上での繋がりとはいえ、真実に近づくことは、全て、必然なのですね。

感謝したいのはボクも同じです。
本当にありがとうございます。

細々ですが、今後もどうぞ宜しくお願い致します。
Commented at 2010-02-08 15:58 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by what-tower at 2010-02-26 19:13
名無しさま☆

>前世の記憶なら、幼いころから・・・・JW時代も持ってました

そうですか。自分の中にあるものと、JW内で“真理”として教えられる内容のギャップに苦しんだことでしょうね。

ボクも最近、ヘミシンクをやり初めて色々な記憶が蘇ってきました。

>プロの占い師として 今は仕事をしてますから・・・。

そうですか!いわば、才能を生かしてらっしゃるのですね!

>JWこそ 未浄化霊になりますよ。

これは、、、間違いないですね。
そして、幽界でも固まりきった概念に縛られて先に進めずにいる人が沢山います。
これについてはいずれ記事にするかもしれません。
by what-tower | 2009-10-27 00:00 | われわれはどこから来たのか。 | Comments(20)