エホバの証人(現役→自然消滅?)ですが、何か!?


by what-tower

「ドアの向こうのカルト」をWebの向こうからご紹介。

本当に!本当に!お久しぶりです。
みなさまおかわりなくお元気でお過ごしでしょうか。

ボクはと言いますと、

エホバの証人?
それは美味しいものなのかのぉ〜?


ってくらいボケてしまい、
孫に茶化されるほどJWのことから遠ざかっておりましたが、
ちょっとご紹介したいニュースがありましたので、
久しぶりに記事を更新します。


突然ですがみなさんは、
「JW解約」という伝説のWEBサイトをご存じですか?

現在サイト自体は閉鎖されていますが、
メインコンテンツだった「JW解約」のPDF資料は、
サイト「エホバの証人Q&A」に引き継がれていますので、
まだお読みになったことのない方はご一読をおススメします。


以前から「JWIC」や「昼寝するぶた」などの、
エホバの証人を辞めたい人向けの貴重な情報を提供しているサイトがありましたが、
組織がどんどん変化するせいもあって、だんだんと情報が古くなってきていました。

そこに彗星072.gifのように現れた「JW解約」が与えた衝撃は計り知れません。

最新のJW教義の分析はもちろん、
アメリカ在住の管理人だからこそ集めることのできた、
日本語未発表の資料をこれでもかとカラーでわんさか詰込んだPDFファイルは、
公開当時も今も、エホバの証人を本当の意味で辞めたい人、
家族を辞めさせたい人など多くの方が活用しています。


そして、突然のサイト閉鎖から行方をくらましていた(笑)、
「JW解約」管理人の真理真(しんりまこと)さん。


(ここから地域大会の新しい出版物発表風にいきますっ!)


ここに、
帰ってきた真理真さんによる、

ドアの向こうのカルト
---9歳から35歳まで過ごしたエホバの証人の記録


と題する新しい出版物を発表できることは、
私たちにとって大きな喜びです!!!!!


(拍手!!!!!)
038.gif038.gif038.gif038.gif038.gif038.gif038.gif


f0129849_23592484.jpg


河出書房より1月18日発売です。


こうしてちゃんとした形でJW関連の本が出版されるのって、
本当に久しぶりですよね~。

しかも老舗の河出書房さんからです。


エホバの証人を辞めたい人や、
解約活動のために理論武装するための資料は、
彼の作ったJW解約でかなり揃います。

けれども、

真理真さんは現役時代にどんな人だったのか。
どうしてエホバの証人を辞めるに至ったのか。
ずっとやってきたJWを辞めて仕事はどうしたのか。

そして、
どうやって家族や友人へのJW解約活動をしたのか。

本当はそういう部分もみんな知りたかったし、
聞いてみたかったのではないかなと思います。
もちろん自分もその1人です。

この「ドアの向こうのカルト」には、
そういったことが細かい部分の心理描写も含めて綴られています。

手に汗握る展開にドキドキしたり、
自分の境遇に重ねてハラハラしたり。


エホバの証人に関わった方はもちろんですが、
カルト宗教に関わった全ての人におススメの一冊です。


「ドアの向こうのカルト
 ---9歳から35歳まで過ごしたエホバの証人の記録」(Amazon)

「ドアの向こうのカルト」(公式サイト)
[PR]
Commented by てなもんや at 2013-01-07 19:12 x
超 ご無沙汰しています(えへへ) ワッタワちゃん!真理真クンが出してくださったですね。惜しげもなく・・・ いやー 先行予約だなんて 1Q14みたいじゃないですか? ちょっと高いけど 買ってみますかね・・ JWには一家に一冊どうでしょう?
Commented by ありんこ at 2013-01-08 23:05 x
What-Towerさん、本当に本当に超お久しぶりです。
あぁ、お気に入りに入れてて良かった!
別のブログを覗くつもりが、What-Towerさんのブログをクリックしてしまい(笑)、
「あ、更新してある!!!」と、興奮してコメントしている次第です。
しかも、書き立てホヤホヤ♪

自然消滅して10年以上になるはずなのに、いろいろ場面でJWに関わっていた日々を今更ながら後悔し、
「辞めて正解だったんだよね?」と、自問自答することもしばしば。
恐ろしいマインドコントロール…。

時々思うんです。
JWの現状を知れば、また改めて抜けて良かったんだと実感できるのでは?と。
そんなところへWhat-Towerさんから朗報が!
今年は何か良いことが起こりそうな予感!

What-Towerさんにとって、良い一年でありますように!

(夕べ慌てて投稿してしっかりと確認せず、What-Towerさんを呼び捨てにしてしまう箇所がありました。
What-Towerさん、大変失礼いたしました。m(_ _)m
書き直して改めて投稿させていただきました。)
Commented by what-tower at 2013-01-15 00:07
てなもんやさま
超〜ご無沙汰ですw なはは
脱JW関連の本って、あまり盛り上がりがなかったんですが(組織の勢いのなさに比例して!?)、こうして出てくると、いまだに困っている人たちの力になりますよね。
Commented by what-tower at 2013-01-15 00:12
ありんこさま
お久しぶりです!お元気でしたか。
もうすっかり忘れられてるだろうな〜と思っていたので、たまに「懐かしいな〜」と開いてもらって、あれ?更新されてる!って感じで読んでくれたらいいかなと思いきや,なんとこんなに早く(しかも以前からコメント下さっていた方が!)見て下さるとは思っていませんでした。本当にありがとうございます!
も〜呼び捨てでもいいですw
自分は辞めて良かったかとか考えることはないですが、時々、ふっとあの期間はなんだったのかなぁと思う時があります。
心の中で消化ができてないものがあるのかもしれませんね。
お互い、地に足付けてゆっくり歩んでいきましょう☆
Commented by テキトー at 2013-01-17 01:19 x
まさかの更新に全俺が色めき立ちましたよ!
でもかなり出遅れた感がw

自分はまだ「JWってうめぇのか?」というまではボケてはいませんが、JWの話を聞いても感情がほとんど動かなくなりました。
両親からももはやJWを擁護するような言葉を聞くこともなく、解約を完了し日々平穏でございます。
「JW解約」も両親用に印刷せさてもらいましたが、レー懲りからもいくつか勝手にプリントさせて頂きました。
感謝感謝です。(インターネットを見ようとしてくれないので・・事後報告ですみません)
弟もおりますが、こいつは真実などには興味無いと公言してまして、私に「教祖を生業としろ」などと言う始末で。悪質ですw

お元気そうで何よりです。
時々は覗きに来てますんで今後ともお付き合いくださいませー。



・・・・孫っ!?
Commented by 真理真です at 2013-01-27 11:02 x
ワッタワさん、本の紹介ありがとうございます。

このブログを読んでおられて、「ドアカル」を手にとって頂いた皆様、ありがとうございました。もしよろしかったらアマゾンにコメントをよろしくお願い致します!

ワッタワさんのボッドキャスト、おおしろかったです。(笑)
Commented by what-tower at 2013-02-01 00:09
テキトーさま
コメント返しが出遅れてすみません。バタバタしていたもので。

>まさかの更新に全俺が色めき立ちましたよ!

そんなことを言っていただけるなんて本当に嬉しいです。

テキトーさんはとりあえずサークル的にJW続けるスタンスだと思ってたのですが、自然消滅を選んだんですね〜。それはそれで良かったです。無駄な時間を過ごすのも勿体ないなと個人的には思うので。

このブログで使ってもらえるところがあったとは!って感じですがw 今後も機会があればどうぞどうぞお使い下さい。
そして起業(教祖)の際には教えて下さいwww

ブログの内容の焼き直しですが、サイトをつくろうかなぁとかぼんやり考えてたので、是非今後もお付き合い下さいね!
気長にお願いしますw
Commented by what-tower at 2013-02-01 00:13
真理真さま
コメントありがとうございます!そして、出版おめでとうございます!&執筆して下さってありがとうございます!
コメントのお返しが遅くなってごめんなさい。
もちろん、Amazonにコメントさせていただきます。
できるだけ多くのJWに関わった方に読んでいただきたい1冊です。

Podcast聞いて下さってありがとうございます。
アホな内容ですが、デトックスになればと思っております。

今後も宜しくお願いします!
Commented by めしこ at 2013-03-15 11:44 x
半年ぶりにJW関係のお気に入りを巡回しましたw
JWを抜けて早八年、やっと完全に抜けられたなーと思います。
JW憎し!という気持ちもなくなり、母を恨む気持ちも薄れ…精神的にも落ち着いて過ごすことができています。
真理真さんの資料も、悩める時に何度も読ませていただきました。
この場をお借りして…
出版おめでとうございます!
Commented by sumire at 2013-05-09 05:25 x
What-Tower様
お久しぶりです。
あの時は、本当にありがとうございました。とても追い詰められたので、今でも思い出すと心が苦しくなります。
『ドアの向こうのカルト』は、某地方新聞に書評が載っていまして、注問しましたが、5月現在で、出版社品切れとなっていました。もちろんAmazonから取り寄せます。(早く重版してほしいですね。)
それではどうぞお元気で、ご活躍ください。



Commented by what-tower at 2013-08-03 13:13
めしこさま
超遅レスですみません。
たまぁに巡回するの分かります。自分も、しばらくJWのことは忘れて過ごし、半年くらいたつとまたネット巡回少しして、みたいな感じです。
完全に抜けてほんと、良かったですよね。
Commented by what-tower at 2013-08-03 13:16
sumireさま
遅いお返事ですみません。こちらこそ、自分もWebの向こうに仲間がいたから乗り切れたと思います。お互い様です。こうして時々、お元気でいらっしゃることが知れるのは嬉しいですね。
みんなで、前に進みましょう☆
by what-tower | 2013-01-07 00:23 | Comments(12)