エホバの証人(現役→自然消滅?)ですが、何か!?


by what-tower

審理委員会を乗り越えて。

こんにちは。

今日の関東はです。

のっけから重いタイトルですみません。


ばうちんさん作成の「JWブログリンク集」を見ると、
本当にJW系ブログが増えているなぁと感じます。
すごいですね。

(うちもその一つですが(^^ゞ
 “新興宗教”ならぬ“新興ブログ”!?)


その中でも「重いなぁ」と思いつつ、
興味深く読んでしまう内容は、
やはり 「審理委員会」ネタ でしょうか。


「審理委員会」を開かれるというのは、
組織に留まりたいと思う人、
組織と決別したい人、
どちらのスタンスであっても気の重いものだし、
怒り・落胆・恥ずかしさ・等々、
トラウマの残るものとなることが多いですよね。


そこでデトックスも兼ねて、
皆さまの貴重な「審理委員会」の経験を募集したいと思います。
どうぞ苦しかった過去を清算して下さい。


では質問致します。

『あなたは過去に、
 どんな罪状で「審理委員会」に召集されましたか?』



何回も呼ばれたことのある方は、
複数書き込んでいただいて結構です。


正直、
自分の罪状を書のは、
勇気がいるし恥ずかしいものですね。。。


でも大丈夫。
わたしも他の読者の皆さんも、
みんな温かく受け止めてくれますから。

誰にも言えなかったことを、
出すことで気持ちがすっきりするコトもあると思います。

それでも恥ずかしい。。。と思う方は、
いつもと違うハンドルネームでの投稿も大歓迎です。


※当ブログを読んで下さっている貴方なら、
このお願いの 趣旨 をご理解いただけるものと思います。


わたしには、
本当にあなたがその罪状で「審理委員会」に召集されたか否か、
またあなたが本当に「審理委員会」に呼ばれた経験があるのかどうかさえ、
確認する手段は全くありません。

ですが、
わたしは読者の皆さまの書き込みを常に信頼しています


くどいようですが、
もう一度確認致します。
趣旨 をご理解の上、
ご投稿下さいね。


一番おもしろ・・・ぃや、
「おつかれさま。」と思った経験には、
後日の記事で表彰させていただきます。


募集をしておいて、
自分が書かないのはフェアではないので。。。

告白します。

わたしが過去に「審理委員会」に呼ばれた罪状は、


「矢沢永吉のライヴのクライマックスで、
 みんなが 黄色いYAZAWAタオル を投げている中で、
 独りだけ 白の手ぬぐい を天高く放り投げた罪



です。

『独立の精神の表れである』、
『「兄弟」間の一致を乱す行為だ』と、
長老兄弟に聖書から親切に諭していただき、
過ちに気付くことができ、
涙と共に悔い改めに至りました。



友人Sに質問してみたところ、
彼は、


「王国会館の第二会場にある 図書の前 に、
 ヤギ を放った罪」



で「審理委員会」に召集されたそうです。


確実に食べたね。
ムシャムシャと。

「洞察」とか“硬表紙”のやつは、
表紙の残骸だけが散らかってたね。
第二会場に。


では、
皆さまが本当に苦しんだ、
「審理委員会」に呼ばれた理由をお寄せ下さい。

失礼ながら、
念のため最後に確認します。(くどくてごめんなさい)
わたしはいつも正直で誠実な読者の皆さまを信頼しています。
質問の 趣旨 をご理解下さいね。
[PR]
Commented by PW at 2007-11-10 06:58 x
罪状 淫行未遂(笑)2度目の罪

相手のJW男性と同席裁判

長老「兄弟はその時オーガズムに達しましたか。」
兄弟「はい。」

長老「姉妹(PW)はオーガズムに達しましたか。」
兄弟「はい」
私「え~と、、、、。」

フェイクでした。

でも、3人の長老の前でずっとフェイクでしたと告白できませんでした。
またひとつ、罪を犯してしまった。

あと、オーガズムに達しなかったら無罪放免とかってあるんでしょうか?この質問の意味が知りたいです。
Commented by PW at 2007-11-10 07:01 x
さっきのコメントですが、ワットタワーさんの趣旨をあえて無視して書いてしまいました(笑)すみません。へへ。みなさん、後はワットタワーさんの趣旨で宜しくお願いします。
Commented by 青葉 at 2007-11-10 09:48 x
祈りのうちに、うちの会衆の4人いる長老全員に後ろから「カンチョー」をしてやりますとエホバに誓約を立てました。3人までは一気にいけました。「あともう一人!」というところで、奉仕中、しかも目の前でその長老がピンポンを押した瞬間を狙ったのですが、押したはずのピンポンはフェイクで、くるっと向き直った彼に現行未遂犯逮捕され、あえなく審理されることになってしまいました。きっと、先に入院した長老から情報がまわってしまっていたのですね。悔しかった、、、。「エホバと交わした誓約を守りたかった」と正直に話したところ、辛うじて排斥は免れました。
Commented by jim at 2007-11-10 11:45 x
>青葉さん
まぢウケるんですけどっw
>3人までは一気にいけました
サックリ書かれてますけど、ここらあたりの経緯が気になるところです。。
>先に入院した長老
ってことは病院送りにするほど激しかったんですかねw
Commented by what-tower at 2007-11-10 18:35
あはははは。

重かろうが軽かろうが、
好きに審理委員会の経験を書いてください。

何度も書きますが、それが本当かどうか、調べようなんてないことを年頭にどうぞ!
Commented by テキトー at 2007-11-10 20:20 x
わたしは「ファブリーズ使い過ぎの罪」です。
あらゆるものにファブリーズをかけて消臭する習慣がどうしてもやめられず、
「組織ではなくファブリーズを信仰しようとしている」
「ファブリーズの奴隷となっている。誰も二人の主人に仕えることはできない」
わたしの自尊心を尊重しながら、そう優しく諭してくださいました。

幾度となく長老たちの愛ある気遣いを裏切ってしまいましたが、やがてこの習慣を断ち切ることができました。
まずじゅうたんをフローリングに替え、カーテンをタチカワブラインドにしました。
そして身に付けるシャツもパンツもエナメル、スーツは本皮にしました。ロックンロールです。

本当に長老兄弟達の辛抱強さと親切には深く感謝しています。
Commented by possible at 2007-11-10 21:46 x
私は,このブログで,なんで「うんち」の絵が描いてあるのか,
という疑問を呈したかどで,罪に問われました。
「そのような疑問は抱いてはいけない」とのことでした。

そして,戒めを受け,しばらく,注解もしてはならない,
ただし,野外奉仕には参加してもよい,と言われました。
Commented by マーヤ at 2007-11-11 01:26 x
ワタクシ、集会の時に賛美の歌のCDと、
和田アキ子のCDを間違えて流してしまった罪に問われました。

次の集会の結びに
「笑~って~許してぇ~♪」と歌ったので、
心からの悔い改めが認められ、
何とかとどまることが出来ました。
Commented by パリス・サイ人 at 2007-11-11 20:35 x
 初めて読ませて頂きます。上記コメントの青葉さんには律法を教える私達も許せません!笑
 ユダヤ人たちは彼に答えて言った、「りっぱな業のためではなく、カンチョーのために、つまり、あなたが人間でありながら自分の指を座薬にするからこそ、わたしたちは石打ちにするのだ。」
 すると大祭司は自分の外衣を引き裂いて言った、「この男はカンチョーした!このうえ証人が必要だろうか。見てください、あなたがたは今、カンチョーの瞬間を見たのです。あなた方の意見はどうでしょうか。」
Commented by ローリン at 2007-11-12 12:02 x
PWさん、だめですよ、そんなウソ書いちゃ(爆)
長老がそんなこと言うわけないじゃありませんか<`ヘ´>
だって、協会はポルノ禁止してるんですよ<`~´>
なのに、オー○○○なんて、長老が言うわけありません<(`^´)>
審理委員会がポルノ同好会だとでも言うんですか!!!
Commented by メリッサ at 2007-11-12 15:30 x
メリッサは・・・・・

むかし、公道を車で走行中、前にちんたら走ってるバスがいまして、
助手席にいたメリッサママが
三原じゅん子並の勢いで「メリッサ。抜かしちまいな。」
と言ったので、
「親に従順」「親に従順」と洗脳されていたメリッサは、思いっきりアクセルを踏み込み、バスを追い抜かしてやりました。
すると遠くかなたになにやら赤い棒を振り回す人影が。。。。。
はい。スピードオーバーでパクられました。
免停に罰金に そりゃぁもうひどい目に遭いました。
メリッサは親に従順にしただけなのに(爆)

それから数年後、長老に目を付けられていたメリッサは
長老たちの嫌がらせを受け、そんな昔の出来事をネタに審理委員会にかけられましたとさ。

※80%はノンフィクションです
 あぁ。なんて恐ろしい審理委員会。くわばらくわばら。。。。。。
Commented by マタゐ at 2007-11-12 15:36 x
>ローリンさま

ぃや、笑い事じゃないですよ。

>なのに、オー○○○なんて、長老が言うわけありません<(`^´)>

長老用の本にそう書いてありますよ。
他にも質問すべきことがあんな行為やこんな行為やそんな!行為が。。。

熟練した長老なら、その本の文章を読んで妄想したり、審理委員会の若い姉妹から聴取したコトバだけで、“ひと踊り”できるそうです。

“ひと踊り”の意味は、、、まぁご想像にお任せします。
Commented by ポチ at 2007-11-12 18:39 x
休み時間、モーニング娘はウォウ♪ウォウ♪ウォウ♪ウォウ♪♪
ってやったら、
兄弟は心の中で姦淫を犯したのです!

現行犯でした。
Commented by possible at 2007-11-12 21:07 x
「うんち」が,あざやかなピンク色に・・・
いったい何が起きたんだあ~
(」゜ロ゜)」(」゜ロ゜)」(」゜ロ゜)」オオオオオッッッ
Commented by merry_sun at 2007-11-12 21:11
罪深い私は、レビ記の通読で「はげ」が連呼されるたび、
某長老兄弟を思い出してしまいました。
また、エリシャがののしられた記述が出てくると、
心の中でその兄弟に、「一緒にのぼって行ったら?」
と突っ込んでもいました。

審理委員会では、
「彼の薄毛にではなく、胸毛に目を留めるように」と指示されました。
おお。確かに彼の胸毛は、
ネクタイの結び目からもあふれています。
審理委員の兄弟たちの洞察力に感銘を受けました。
訓戒で済みましたし、いい思い出になりました。
Commented by もんもん at 2007-11-12 23:04 x
2日間お風呂に入らずに割り当てを壇上で果たしたところ、
「神聖な犠牲として捧げる体にふさわしくない!!」と審理委員会に呼ばれ、長老の家に行きました。

ついでに長老の家で風呂に入りタオル一枚悩殺スタイルで話したところ、「あなたの乳房は…」というソロモンの聖句を読まされ、遠まわしに誘われましたが何事もなく無事に帰宅しました。

いまではいい思い出です。
Commented by ローリン at 2007-11-13 10:24 x
マタゐさま、
>長老用の本にそう書いてありますよ。
では、マタゐさまは長老の本がポルノ本だとでもおっしゃりたいんですか(・へ・)長老本がポルノだとおっしゃりたいんですね<`ヘ´>長老本はポルノなのですね!!!

長老は非常に高潔な道徳基準をお持ちなのですよ!
その証拠に、うちの息子の罪状は・・・

ある姉妹が肩が凝ったわぁと息子に言ったので、息子はつい出来心で姉妹の肩を2-3回揉んでしまったのです。
長老たちは、互いの生殖器が関係していないことを確認してくださり、排斥は免れましたが開拓奉仕の削除という戒めを受けました。長老は「ある姉妹が転びそうになったときに、とっさに手を差し伸べて支えてあげるのは許されますが、それ以外の接触は避けるべきものです」とエホバの基準を擁護されました。 (これは大筋で事実)

これほどまでに高潔な長老たちの本をポルノだなんて・・・しかも聖書に出て来ない“ひと踊り”なんて・・・マタゐさんは長老団がエロおやじ集団だとでも言いたいのでしょうか?
そうおっしゃりたいんですね?長老団はエロおやじ集団なんですね!



Commented by すてえじがかり at 2007-11-13 12:18 x

主催長老の公開講演の際に 長老兄弟は講演用の演台の高さが高すぎて気に喰わなかったらしく 演台のスイッチを操作されました。一気に下げられたため演壇の摺動部に長老のズボンの布地と陰部先端が巻き込まれました。物凄く痛そうな顔をしながら長老は最前列に座っていた僕に目配せをしてきました。僕は即座にステージに上がり スイッチを操作し演台の高さを元に戻しました。聴衆のざわめきがあったので演台に目をむけると摺動部は少し赤く染まり長老のちぎれた包皮が確認されました。
事態を重くみた長老団は即刻集会を中止し、長老と奉仕の僕の集まりを開き、包皮の処分について話し合いました。主催長老は家族と共に病院に向かいました。その他の成員は解散させられました。


Commented by すてえじがかり2 at 2007-11-13 12:19 x
その間 僕は演壇の掃除をするよう指示された為 雑巾で演台を拭き、包皮をティッシュに包み第二会場に集合している兄弟のところにもって行きました。するとどうでしょう!? 長老達と僕の兄弟たちは二度とこのようなことが起きないように 各自の包皮の厚みを測定し合い、摺動部の隙間との兼ね合いを確認していました。成り行きで集まりに同席させられた僕はステージ係としての意見も求められた際に 「勃起していない限り 摺動部と陰茎は接触しないと思う」と話してしまった為 (主催の兄弟に対しての根拠のない中傷)という罪状によりステージ係をクビになり注解の禁止を言い渡されました。
聖書に収められている律法の安全管理を参考にして 今では演台の摺動部の廻りに柵が備えられました。発案と施工は自営で大工をしておられるE兄弟でした。万が一陰茎が接触してもかぶれたりしないように 漆やニスは一切塗らずに木の素材を生かした素敵な柵に仕上がっています
演台をみる度にE兄弟の働きと心遣いを思い巡らします、同時に自分の至らなかった点について後悔しています
Commented by possible at 2007-11-13 21:14 x
いえ。
「エロおやじ」は,義人ロトです。
(これは,私が昔から言ってることです。)

聖書をお読みください。(創世記19章後半)

義理の娘と淫行を犯したユダを「擁護」する組織です。
(創世記38章)

何があっても,おかしくはありません。

聖書は,情景を「想像」しながら読まなければなりません。
裁き人19章の後半,その特に,25節を,どうぞ,ご覧ください。
みなさん,「想像力」が足りないのです。
「頭に思い浮かべる」必要があるのです。
Commented by possible at 2007-11-13 21:18 x
あ,もちろん,創世記19章後半に書かれている
「義人」の行なった行為も,
「想像しながら」読まなければなりません。

そして,その時の「匂い」や「感触」を感じるのです。
分かりましたか( ̄0 ̄)
分かった人は,手を挙げてください。

では,早速,実行してみましょう。
Commented by skip at 2007-11-13 23:12 x
そこの会衆は演台(原稿置くやつね)がなかったので,兄弟が気をきかして演台を作ってあげました。

長老に相談をせずに演台をつくった罪で,兄弟は排斥されました。














・・・って,実話やねん。(^^;)

・・・後に査定が入り,兄弟は冤罪で復帰しました。勝手に演台作るのはぎりぎりセーフなんですね(笑)
Commented by ローリン at 2007-11-15 00:45 x
私は、長老を「エロおやじ」と呼んだ罪です。

家では、ある長老のことを「エロおやじ」と呼んでいます。
○○兄弟というのが面倒だからです。
王国会館では心の中で「エロおやじ」と呼んでいますし、他の会衆の人と話すときも「エロおやじ」と言ったほうが分かりやすいこともありますので、時々そのように呼んでいました。(ここまでは事実・えへっ)

あるとき、心の中で言ったつもりなのに長老に聞こえるような声で「エロおやじ」と言ってしまい、審理委員会にかけられました。

possible さんの深い洞察に感銘を受けていた私は、すかさず「義人ロトはエロおやじであった。であるならば、エロおやじである長老は義人である」と論理的に説明しました。長老は、私に対して疑いを持ったことを詫びてくださり、私は無罪放免となりました。
Commented by possible at 2007-11-15 01:04 x
「義人」ロトが,これまでに生存した最も最大の「エロおやじ」
であった証拠は,参照資料付き聖書の
創世記19:33の脚注を見れば,確かめられます。

男たちは皆,この「エロ変態おやじ」の気持ちを,
読みながら,「同じ気持ち」や「感触」を味わってみればいいです。

そんな,何も分からないくらい泥酔してて,
あそこがびんびんに「立ち」,
しかも,100発100中の確率で「命中」しますか?
ウソをぬかすんじゃないよ,と言いたい。
Commented by ローリン at 2007-11-15 01:32 x
あわあわ\(◎o◎)/!possibleさん!
あうあう(*_*; 「びんびん」ってなんですかぁ?このブログ18禁にしなくちゃ。
おっしゃりたいことはわかります。わかりますとも!!私も既婚者ですから。。
うんちがピンクになってからちょっとヤヴァイ方向に行っちゃってませんか?って「エロ」連発してるの私でしたっけ?

Commented by possible at 2007-11-15 02:05 x
「教師びんびん物語」っていう,
トシちゃんのドラマもあったくらいなので,
へんな言葉ではないと思います。(^^;

「エロ」なのは,だから,
聖書が「義人」と述べるロトですね。

それと,前にも言いましたが,平気で「割礼」「無割礼」
という言葉を使ってる,JWの姉妹たちですね。
人間(男の人)の「どこ」を指して言ってるのか考えてみれば,
もっと「恥じて」使うべきです。
Commented by what-tower at 2007-11-16 03:29
※みなさま

 いっぱいコメントありがとうございます!

 本当に、
 涙、涙、涙の経験ばかりで、
 わらい泣き。。。もとい、
 むせび泣きながら読ませていただきました。
 慰めを得ました。

 コメントは明日お返ししますね。
Commented by だいくん at 2007-11-16 17:21 x
出遅れたぁ、まだ間に合うかな?

私は巡回監督を演壇から糾弾した罪で、一人少ない裁判を受けました(巡回監督、主催監督)

なんて糾弾したかと言うと、「巡回監督でも、不道徳に注意しましょう」と言う主旨なんですが、演壇からの話が毒が効きすぎたのか、その後の裁判も毒をもって執り行われました・・・

しかも、その恨みは次の巡回監督にも引き継がれ、結局私は不道徳手前の罪に問われて、御用となりました。

以上、実体験です(笑)
Commented by what-tower at 2007-11-17 04:14
>PWさま

>あと、オーガズムに達しなかったら無罪放免とかってあるんでしょうか?この質問の意味が知りたいです。

ん~。
全ての罪をあらわに告白するという意味なのかなぁ。

この件に関わらず、基本的にものすごく突っ込んで聞いてきますよね。
独身・童貞の長老兄弟にあれやこれや聞かれたくないし、聞きたくないだろうなぁ。

その行為の時、精神的におかしかった、悪魔が入っていて覚えていないなどと言うと、かなり排斥は免れるとも聞きましたが。。。
Commented by what-tower at 2007-11-17 04:17
>青葉さま

基本的にjimさんと同じような疑問が。。。w
もっと詳しく知りたいなぁ。

ていうか、なんでそんな誓約を立てたのか、そこから過ちが始まったような気が。。。w
Commented by what-tower at 2007-11-17 04:18
>jimさま

突っ込みありがとうございます。

病院送りはヤバイっすね。
確実に服は貫通しているとおもわれ、、、
Commented by what-tower at 2007-11-17 04:20
>テキトーさま

>わたしは「ファブリーズ使い過ぎの罪」です。

最近この件で審理にかかる人が増えているそうですね。

>幾度となく長老たちの愛ある気遣いを裏切ってしまいましたが、やがてこの習慣を断ち切ることができました。

ポルノと同じような聴聞・審理過程がとられるんですねぇ。

なにはともあれ、神の前に清い良心を取り戻せたようでよかったですね(^^)
Commented by what-tower at 2007-11-17 04:24
>possibleさま

>「そのような疑問は抱いてはいけない」とのことでした。

従順さが試される場面ですものね。

>そして,戒めを受け,しばらく,注解もしてはならない,
>ただし,野外奉仕には参加してもよい,と言われました。

そうなんですか!?
注解もダメなんて、かなり重い罪の部類に入るんですね!
もしかして、人に尋ねたりしましたか?
自分ひとりでもんもんと考える分には愛ある手を差し伸べていただけますが、UNKOUNKOと連呼するようになると、長老にマーキング。。。もとい、マークされますよ。
Commented by what-tower at 2007-11-17 04:25
>マーヤさま

あちゃ。
CDのかけ間違えは、一発審理委員会送りと聞いたことがあります。
大変でしたね。

>「笑~って~許してぇ~♪」と歌ったので、
>心からの悔い改めが認められ、
>何とかとどまることが出来ました。

素で爆笑しました!

ぃやぁ。
理解ある長老で良かったですな。
Commented by what-tower at 2007-11-17 04:31
>パリス・サイ人さま

クリスチャンでない方もこのブログを読んでくださっているとは!驚きです。
ありがとうございます。

>「この男はカンチョーした!このうえ証人が必要だろうか。見てください、あなたがたは今、カンチョーの瞬間を見たのです。あなた方の意見はどうでしょうか。」

この男は痔に値する!!
Commented by what-tower at 2007-11-17 04:33
>ローリンさま

まぁまぁ、落ち着いて。

>審理委員会がポルノ同好会だとでも言うんですか!!!

ほ~ら、言ってごらん!?
気持ちよくなったんだろ?

。。。

どうなんだ?あん?

。。。ハイ



これがポルノ同好会ですか?
違いますよ。
ただの変な性癖のはけ口ですっ!
Commented by what-tower at 2007-11-17 04:36
>メリッサさま

>それから数年後、長老に目を付けられていたメリッサは
>長老たちの嫌がらせを受け、そんな昔の出来事をネタに審理委員会にかけられましたとさ。

そうですか。
それは大変でしたね。
審理委員会に『時効』はないですから、
たとえ10年たとうが、20年たとうが、罪は罪。

神ではなく人に告白しないと許されないですからなぁ。w
Commented by what-tower at 2007-11-17 04:37
>マタゐさま

ひと踊り?

なんだろ。

はて、
純情なWT君には、
なんのことやらさっぱり・・・。
Commented by what-tower at 2007-11-17 04:39
>ポチさま

現行犯でしたか。(笑)

しかし、
エホバの証人はみな、
『ラブ・マシーン』であるべきであるという研究記事がもうすぐ扱われて教義変更がなされますから、ポチさんの汚名も晴れると思いますよ。
Commented by what-tower at 2007-11-17 04:41
>possibleさま

>「うんち」が,あざやかなピンク色に・・・
>いったい何が起きたんだあ~

わぁぁぁあ!
騒いじゃダメだってば!
注解制限されてるんですから!
こんど目を付けられたら。。。

>(」゜ロ゜)」(」゜ロ゜)」(」゜ロ゜)」オオオオオッッッ

言っちゃダメだってばぁ!
審理委員会送りですよぉ!
Commented by what-tower at 2007-11-17 04:45
>merry_sunさま

ほんとうに悩ましい審理委員会の記憶ですが、
良い思い出になっているようでホッとしました。

>「彼の薄毛にではなく、胸毛に目を留めるように」と指示されました。
>おお。確かに彼の胸毛は、
>ネクタイの結び目からもあふれています。
>審理委員の兄弟たちの洞察力に感銘を受けました。

審理委員会を扱った兄弟達は、胸毛ではなく愛に溢れていますね。

ひどい宗教裁判ではなく、
どうかこういった愛あるカタチでの審理が行われることを希望します。
禿げ増されました。
Commented by what-tower at 2007-11-17 04:47
>もんもんさま

>2日間お風呂に入らずに割り当てを壇上で果たしたところ、

なぜバレたのかも気になります。
臭い?油分?フケ?
まぁ、エホバの前には隠せませんからね。

長老兄弟に、身体検査されなくて本当に良かったですねぇ。

お疲れ様でした。
Commented by what-tower at 2007-11-17 04:52
>ローリンさま

まぁまぁ、落ち着いて。

息子さんの件は、本当に大変でしたね。

>ある姉妹が肩が凝ったわぁと息子に言ったので、息子はつい出来心で姉妹の肩を2-3回揉んでしまったのです。
>長老たちは、互いの生殖器が関係していないことを確認してくださり、排斥は免れましたが開拓奉仕の削除という戒めを受けました。

そうですか。
開拓削除で済んだなんて、な~んて愛ある長老達でしょう!

転びそうだ~と言って胸を掴むのは免責、
肩モミは故意の罪ですから、有責ですよ。

排斥にならなかっただけめっけもんです。
ほんと、愛ある長老団でよかったですね!
Commented by what-tower at 2007-11-17 04:57
>すてえじがかりさま

長い書き込みをありがとう。
きっと心につかえていたのですね。

>「勃起していない限り 摺動部と陰茎は接触しないと思う」と話してしまった為 (主催の兄弟に対しての根拠のない中傷)という罪状によりステージ係をクビになり注解の禁止を言い渡されました。

中傷は排斥もありえますし、状況的に察するにかなりの数の人がその話を聞いていたわけで、これで排斥にならなかったのは、本当に温かい長老団・会衆だったのですね。

ちなみに千○大会ホールでも同じような事件がおき、一時期は躓き(巻き込み)の原因にならないようにと、割礼が薦められていたと聞いたことがあります。
他の人の良心も考えなければいけませんしね。
Commented by what-tower at 2007-11-17 05:00
>possibleさま

まぁまぁ、落ち着いて。
(このフレーズばっかり使ってます(^^ゞ)

ロトだって、聖書には書かれていませんが、み使いたちによって主催された審理を受けています。
外典『ロトの昇天(モーセとは別の意味の)』にそのコトが書かれていますよ。
Commented by what-tower at 2007-11-17 05:02
>skipさま

演台作って排斥、
素晴らしい愛の取り決めですね!

やっぱり、組織に忠実であるべきです。
気を利かせて先に行動したりしたら、それは不従順の表れですからね。
Commented by what-tower at 2007-11-17 05:04
>ローリンさま

>possible さんの深い洞察に感銘を受けていた私は、すかさず「義人ロトはエロおやじであった。であるならば、エロおやじである長老は義人である」と論理的に説明しました。長老は、私に対して疑いを持ったことを詫びてくださり、私は無罪放免となりました。


そうですか。
詫びさせるなんてさすがです。
やはり神の言葉から論じることは大切ですね。
ボクもロトに見習いたいと思います。
Commented by what-tower at 2007-11-17 05:08
>possibleさま

>そんな,何も分からないくらい泥酔してて,
>あそこがびんびんに「立ち」,
>しかも,100発100中の確率で「命中」しますか?
>ウソをぬかすんじゃないよ,と言いたい。

possibleさんほどよく精通なさっている方はご存知と思いますが、
そこら辺の経緯は、
外典『ロトの昇天(モーセとは別の意味の“昇天”)』
の書に事細かに書かれていますので、
ご一読をお勧め致します。

娘さんたちは、お酒の中にバイ○グラを溶いて飲ませたそうですよ。
そりゃ昇天しますな。
Commented by what-tower at 2007-11-17 05:12
>ローリンさま

まぁまぁ落ち着いて。(もういいって?)

>おっしゃりたいことはわかります。わかりますとも!!私も既婚者ですから。。

何?何?
ボクは毒身にゃのでわかりません~。

ロトおじさんの話は刺激が強いにゃぁ~。

>うんちがピンクになってからちょっとヤヴァイ方向に行っちゃってませんか?って「エロ」連発してるの私でしたっけ?

まぁ、審理の多くは不道徳とのことですから、当然性的なネタが多くなるのは仕方ないかと。

話は変わりますが、
外典『ロトの昇天(モーセとは別の意味の“昇天”)』
はご一読をお勧め致します。
Commented by what-tower at 2007-11-17 05:15
>だいくんさま

遅くないですよ~(^^)

>なんて糾弾したかと言うと、「巡回監督でも、不道徳に注意しましょう」と言う主旨なんですが、演壇からの話が毒が効きすぎたのか、その後の裁判も毒をもって執り行われました・・・

いわゆる報復審理というヤツですな。

>しかも、その恨みは次の巡回監督にも引き継がれ、結局私は不道徳手前の罪に問われて、御用となりました。

不道徳手前。

自慰のことですか?

手前不道徳。
あ、順番が違うか。

>以上、実体験です(笑)

みなさん実体験を書いてくださってますから、
恥ずかしがらなくて大丈夫ですよ(^^)
by what-tower | 2007-11-10 03:49 | JW教義その他 | Comments(50)