エホバの証人(現役→自然消滅?)ですが、何か!?


by what-tower

カテゴリ:未分類( 7 )

お久しぶりです。
今回は、ご紹介のための更新です。

‪「ヤングマガジンサード」にて、いしいさやさんという漫画家さんによる、‬
‪『よく宗教勧誘に来る人の家に生まれた子の話』の連載が始まるそうです。‬
‪連載開始は Vol.7(6月6日発売)から。‬

先生ご本人による紹介です。
https://twitter.com/ishii_saya/status/860663403496357888

明確に「エホバの証人」と記載がないにしても、
タイトルで、あぁ、あの団体のことだなとわかりますよね。


こちらがTwitterで話題になったマンガです。
https://twitter.com/ishii_saya/status/836866883911626752

カルト宗教の信者である親に育てられる小さな子どもが、
親の顔色を伺いながら過ごす様子に、自分の子ども時代を重ねつつ、
胸が締め付けられるような気持ちで読みました。

また、宗教ネタを扱う時にありがちな超攻撃的な語り口ではなく、
淡々と子ども視点で綴られているところに、身に迫るリアリティを感じます。

同じ宗教家庭で育てられた者だからこそわかる、
「あるあるネタ」も多いと思いますので、
今から連載を楽しみにしています。


商業誌での連載とのことで、色々なカタチでの攻撃や妨害があると思います。
勇気を持ってマンガを描いてくださるいしい先生や、編集者、雑誌社の皆様には、
ぜひ頑張っていただきたと思いますし、心から応援しております。
[PR]
by what-tower | 2017-05-15 08:05 | Comments(1)
本当に!本当に!お久しぶりです。
みなさまおかわりなくお元気でお過ごしでしょうか。

ボクはと言いますと、

エホバの証人?
それは美味しいものなのかのぉ〜?


ってくらいボケてしまい、
孫に茶化されるほどJWのことから遠ざかっておりましたが、
ちょっとご紹介したいニュースがありましたので、
久しぶりに記事を更新します。


突然ですがみなさんは、
「JW解約」という伝説のWEBサイトをご存じですか?

現在サイト自体は閉鎖されていますが、
メインコンテンツだった「JW解約」のPDF資料は、
サイト「エホバの証人Q&A」に引き継がれていますので、
まだお読みになったことのない方はご一読をおススメします。


以前から「JWIC」や「昼寝するぶた」などの、
エホバの証人を辞めたい人向けの貴重な情報を提供しているサイトがありましたが、
組織がどんどん変化するせいもあって、だんだんと情報が古くなってきていました。

そこに彗星072.gifのように現れた「JW解約」が与えた衝撃は計り知れません。

最新のJW教義の分析はもちろん、
アメリカ在住の管理人だからこそ集めることのできた、
日本語未発表の資料をこれでもかとカラーでわんさか詰込んだPDFファイルは、
公開当時も今も、エホバの証人を本当の意味で辞めたい人、
家族を辞めさせたい人など多くの方が活用しています。


そして、突然のサイト閉鎖から行方をくらましていた(笑)、
「JW解約」管理人の真理真(しんりまこと)さん。


(ここから地域大会の新しい出版物発表風にいきますっ!)


ここに、
帰ってきた真理真さんによる、

ドアの向こうのカルト
---9歳から35歳まで過ごしたエホバの証人の記録


と題する新しい出版物を発表できることは、
私たちにとって大きな喜びです!!!!!


(拍手!!!!!)
038.gif038.gif038.gif038.gif038.gif038.gif038.gif


f0129849_23592484.jpg


河出書房より1月18日発売です。


こうしてちゃんとした形でJW関連の本が出版されるのって、
本当に久しぶりですよね~。

しかも老舗の河出書房さんからです。


エホバの証人を辞めたい人や、
解約活動のために理論武装するための資料は、
彼の作ったJW解約でかなり揃います。

けれども、

真理真さんは現役時代にどんな人だったのか。
どうしてエホバの証人を辞めるに至ったのか。
ずっとやってきたJWを辞めて仕事はどうしたのか。

そして、
どうやって家族や友人へのJW解約活動をしたのか。

本当はそういう部分もみんな知りたかったし、
聞いてみたかったのではないかなと思います。
もちろん自分もその1人です。

この「ドアの向こうのカルト」には、
そういったことが細かい部分の心理描写も含めて綴られています。

手に汗握る展開にドキドキしたり、
自分の境遇に重ねてハラハラしたり。


エホバの証人に関わった方はもちろんですが、
カルト宗教に関わった全ての人におススメの一冊です。


「ドアの向こうのカルト
 ---9歳から35歳まで過ごしたエホバの証人の記録」(Amazon)

「ドアの向こうのカルト」(公式サイト)
[PR]
by what-tower | 2013-01-07 00:23 | Comments(12)
超〜初歩的なミスでアップロードできなかったのですが、
やっとできましたので、iTunesでのダウンロードお願いします。

iTunes Storeの検索で、

「第13会場へようこそ」
「第13会場」

などの検索ワードでみつかります。

④ー2は、近日中にアップロード予定です〜。
[PR]
by what-tower | 2009-10-26 22:56 | Comments(4)
実は編集作業はだいぶ前に終わっているのですが、
アップローダーの調子が悪いのか、何度トライしても
ituneにあげることができません(T T)

引き続きトライしてみますが、
せっかく投稿していただいたネタが本当に面白いので、
早く皆様にお聞かせできたらと思っています。

メールでのやり取りが差し支えない方には、
MP3ファイルでメール055.gif添付でお送り致します。
ご連絡下さい。→ what.tower@gmail.com


itune待ちして下さる方は、
今暫くお待ち下さいませ040.gif

※問題がわかりましたので、近日中にアップロード致します。
[PR]
by what-tower | 2009-10-21 21:23 | Comments(0)
お待たせ致しました。

「第13会場へようこそ。」③、
iTunes STOREにて配信中でございます。

tokkennさんゲスト出演が、
予告より前倒しになりました!


実は④も収録は終わっています。

編集出来次第UPしますので、
メールにてネタ投稿下さった皆様、
今しばらくお待ち下さいませ。

ちなみに、
「登録する」をクリックしていただくと、
iTunesを立ち上げた際に、自動更新してくれます。
えへへ。
f0129849_235445.jpg



※⑤回目配信以降のためのネタ募集

「賛美の歌の歌詞」ー勝利の歌編ー

歌詞がうろ覚えになっていませんか?

長いものでも、断片でも構いません。
みんなの覚えている歌詞を繋ぎ合わせて補完しましょう!

送り先 what.tower@gmail.com まで。

宜しくお願いします☆
[PR]
by what-tower | 2009-07-25 23:52 | Comments(9)

サタンは実在します。

皆さん、
サタンは実在します。


「太った〜」と記事を書いたところ、
読んだ友人らから、

「食事行こうよ~」
「食べ歩きしようよ~」


というメールが!

おまえら、
みんなサタンだ~!
ピンクサタンめ!


とまぁ、
それはそれとして、
これは美味しくいただきますか。


あれ?


「油断なく見張っていなさい。悪魔が、
 肥えたライオンのように歩きまわっているWhat-Towerに、
 [美味しいモノを]貪り喰わせようとしているのです。」(ペテン第一5:8)

[PR]
by what-tower | 2009-04-23 20:27 | Comments(10)
ご報告が遅れましたが、
2008年12月31日付で、
株式会社○○○○○○を退社致しました。

会社の皆様には本当に良くしていただいて、
送別会ではびっくりするくらい大きな花束と、
素敵なプレゼントをいただきました。

お世話になりました!
&本当にありがとうございました!

ということで、
生活の中でのJWとの関わりは、
基本的になくなりました。

すっきり~!

波長の低い人たちとの関係がなくなると、
ものすごく清々しいです。

あの、ゆる~い“交わり”とかいうやつ、
ほんと必要ないですから。

なんせ生産性ゼロ。

組織が本当に神に用いられているんだと思い込んでいた頃は、
これも奉仕の一部だと思って“交わり”の企画をしたりしてましたけど、
今思うとほんと無益だったなと。

あの寂しさ紛らわせにツルみたい人たちが、
「集まり合わなきゃ」「交わろうよ~」とか言って集まる感じ、
今考えるとほんと萎えます。

これを読むと「冷たい人〜」と思われるかもしれないけど、
別に友達と話したり遊んだりすることが無駄だって言ってるんじゃないです。

ニュアンス分かってくれますよね!?え?分からない?とほほ。

ボクだって友人らと話すのは好きですよ。
ムクチですが。

※「6つ口があるという意味で六口!?」
 と友人に言われたが…関西人には負ける。
 特に関西のおばちゃん。世界に通用すると思う。


**************************************
  今後のこのブログの方向性について
**************************************

正直、JWのことはもうあんまり興味ないです。
卒業したんで。

JWの教えが必要なくなった後、
真実を探求して行く中で、
たくさんの出会いや気付き、
学びがありました。

びっくりするような体験から、
パラダイムが180度転換したり。

JWとして学んできたこと・刷り込まれてきたことが、
いかにちっぽけな視点でしか物事を見ていなかったか、
否応なく知ることになりました。


少ししたら、上記の事について、
別のブログで書いていこうと思っています。

特に元・現役JW向けというのではなく、
今、大きく変わろうとしている世界の中で、
大切な人生の学びや、背負った宿命を果たす為に、
みんなが一生懸命頑張って生きていく助けになれたら、
な〜んて、理想だけは高く・内容は軽〜く、
そんなブログを別に書こうかと思ってます。


JWをやめると、
さっぱりしてブログも閉鎖という方も多いですが、
それはそれで良いと思います。

JWにまつわることは、
どうも波長が低くて嫌なことが多いですしね。


「霊懲り」は特に閉鎖の予定はありません。
が、更新頻度は下がると思います。
すみません。

個人的にJWに執着する要素はもうないのですが、
悩みながら組織を出ようとする方々が、
これからまた続々と出ていらっしゃるでしょうから、
僭越ながらOBとして、お力になれればと思います。

このブログを通して出会うことのできた皆様とのご縁を大切に、
まだJWの方は早く思考の囚われから自由になれますように、
なかなか辞められない方は早く環境が整いますように、
組織を既に出た方は今後の人生の更なるご多幸を、
液晶画面の向こうからお祈りしております。



[追伸]

tokkennとWhat-Towerは同一人物なのですか?という質問のメールをいただき、
そういう書き込みのあるサイトを教えていただいて見たりもしたのですが、
知らない人が知らないことを書いていて面白いなと思いました。

ムキになって否定してもしょうがないんですよね〜。

だって、たとえ写真を載せたとしても、
今度はその写真が本物なのかで議論が起きるだけだし。

書き込みを見た友人が、
「別にさ〜、そんなのどっち(同一人物)でもよくね!?」
と言っていて、あ〜そういう視点もあるのかと。w


でもボクは、
彼みたいに良い意味で尖った文章は書けないな〜と思いますね。
なんせtokkenn君、まだ2■歳だからね!(若い!)

え?お前はいくつなのかって?

30歳になりました067.gif
[PR]
by what-tower | 2009-01-25 23:04 | Comments(63)