エホバの証人(現役→自然消滅?)ですが、何か!?


by what-tower

カテゴリ:最終局面( 21 )

ご無沙汰しております。
皆様お元気でお過ごしでしょうか。

ボクは、
忙しいながらも楽しく生きております。

実は先回の記事の続きがあったのですが、
更新が遅れてしまいました。

唐突ですが、
本文に入ります。


私の父親は昨年[経済的理由]ということで長老を降り、
「仕事が大変で集会に行けない」と言い続けて段階的に集会を減らし、
今は既にJWとしての活動を停止しています。

主催監督(現:調整者)だった父は、
長老の職を辞す時に、他の長老や奉仕の僕を全員第二会場に集めて、
「生きる」ということについて非JW的な演説をぶったそうですが^^;
感動して泣く人まで出たという。w

なんだそりゃ。


ボクが電車に乗って、K姉妹に会って1週間後。
(両親の所属会衆は、巡回訪問中)

K姉妹に監督への伝言をお願いしたので、
どんなシチュエーションでWhat-Towerと会ったのか、何の話をしたのか、
根掘り葉掘り茎堀り枝堀り尋問されているかもしれません。

K姉妹、ご愁傷様です。



そんなこんなで週の真ん中、水曜日。

父親の携帯電話に、
父の後任で主催監督(現:調整者)になった、
2世長老(以下[長])から電話があったそうです。

いつもは着歴を見て電話に出ないそうなんですが、
バタバタしていたのと、電話がくる予定があったので、
表示画面を見ずに出てしまったとのこと。(間の悪い男・・・)


[父]もしもし。

[長]あ、(WT父)兄弟ですか?
   今、巡回監督が隣にいるんです。
   替わりますね。



有無を言わさずいきなり、
巡回監督○○兄弟と対峙することになった、
間の悪い男こと、What-Tower父。

先回駅で会った姉妹に伝言を頼んだので、
「何かあるかもしれないからね〜」
と先に言っておいたのに。。。


[巡]お久しぶりです〜お元気ですか?

[父]えぇ、元気ですよ。

[巡]お仕事どうなったか心配してたんですよ〜。
   いかがですか?


[父]ぃや〜なかなか難しいですね。
   不景気ですし。


[巡]そうですよね〜今は世界が大変なことになってますね〜。
   ところで息子さ


[父]あ?世界!?
   今、兄弟、「世界が大変」って言いましたよね!?
   「心配してた」とか言って、次に出る言葉が「世界」!?
   口先ばっかじゃないですか!!
   「世界」の話なんかしてないんだよ!!
   地に足つけて生きてるんだよこっちは!
   なんなんだよあんたは!



ね、ねじ伏せた〜!!!www

巡回監督は、その先はもう何も言えず、
「う゛っ」というような声にもならない音を出して、
携帯電話を2世長老と交代。


[長]・・・ぁの、もしもし?

[父]あははは。
   ぃやぃや、監督が失礼なことを言うもんで、
   ついつい感情的になってしまってね。
   申し訳なかったと伝えておいて下さいよ。
   [長]君も引き続き頑張ってね。
   じゃぁ私も忙しいので切るから。



   プチッ。


あの時、棒読みだった父が、
こんな大立ち回りができるようになったなんて。

息子としても、
父の成長ぶりに感無量であります。



以上、
「面白いことがあったよ〜(笑)」と、
両親から報告いただきましたので、
遅くなりましたがアップします。
[PR]
by what-tower | 2009-03-28 01:21 | 最終局面 | Comments(18)
すみません、
もういい加減飽きたよ~という方も多いと思いますが、
まだ記事のネタが出てきます。(-_-;)

基本的にはもう消化試合なので、
肩の力を抜いて読み流してやって下さい。


「兄弟!」

こないだ駅に行った時のこと、
数メートル先から声が聞こえてきた。

頼むから、
人の多いところで、
でっかい声で、
「兄弟」って呼ばないで!www

あ〜面倒だな〜と思って、
駅の自動販売機で飲料を買いながら、
気付かないフリを。

でもその声がどんどん近付いてきたので、
観念して振り返ると、(あんまり「兄弟!」と連呼されたもので・・・)
実家の会衆のK姉妹だった。

実際に会うのは、
かれこれ10年ぶりくらいかもしれない。

彼女は開拓者で、
成人した息子二人は献身前に組織を離れている。

姉妹は昨年、癌を発症して手術したが、
不幸中の幸い、まだ初期段階で治療できたため、
今は見たところ元気そうだった。


「兄弟、元気だった!?」


満面の笑顔で、

「元気ですよ!」

と返しました。


「それより姉妹の方こそ、
お体の具合はいかがですか?」


K姉妹は一瞬表情を曇らせたが、

「私のことはいいのよ〜
でも大丈夫よ、ありがとう。」



彼女は、
スポーツ大好き、
性格もとても快活で、
人間的に嫌いではない方です。

息子さん二人は元気ですかとこちらから尋ねたところ、
二人とも就職して頑張っているとのこと。

子供の話をする時は普通のお母さんの顔でホッとします。


「兄弟はぜんぜん昔と変わらないですね!」

と言われたので、

「ぃやぃや、
最近、横への成長が著しくて、、、」
(トホホ)

「それより姉妹の方こそ、
今も溌剌としたイメージのままですよ!」


「そんなことないですよ、
もうおばちゃんよ〜。」



そんな会話を交わしました。


少しの沈黙の後、
K姉妹から、

What-Tower両親が集会に来なくなったので
(経済的な理由ということになっている)
心配していること、

What-Tower兄弟も、
必要で出て元気にしていると思ったら、
いつの間にかいなくなったと聞いてびっくりした、

そんなことを言われました。


そして・・・


「来週から巡回訪問なんですよ。」


ほほ〜ぅ!?

その巡回監督というのは、tokkenn君の聴聞会や、
ボクへの呼び出しの裏で糸を引いていた張本人!


「そうですか〜。

姉妹、○○兄弟[巡回監督]に、
くれぐれも宜しくお伝え下さい。


あと、なかなか行けなくてごめんなさいって。」


K姉妹は、

「わかりました!」

と快諾して下さいました。


「なかなか行けなくてごめんなさい」
の本当の意味を、姉妹は知らない。www



行き先が違ったので、
途中でお別れしたのですが、
別れ際にK姉妹は、


「兄弟!待ってるからね!
まだ時間あるから大丈夫!」



こちらは何も言葉は返さず、
ニッコリ笑ってお別れしました。


少し前なら、
「まずはご自分の息子さん達を死ぬ気で助けてあげて下さいね」
なんてイヤミも言いたくなったかもしれないけど、
今は、笑顔で別れればそれでいいかなと。

この人も早く、
思考の檻から自由になれるように、
そう願うばかりです。


組織が本当に本物の箱船なら、
「終わり」がどんなに先だろうと今すぐ乗るし、
箱船を作るのを手伝いますよ。

でもね〜この組織が、
「ハーメルンの笛吹き」だってことに、
気付いちゃぁね~。

その笛の音には導かれたくないっす。
[PR]
by what-tower | 2009-02-22 14:00 | 最終局面 | Comments(23)
載せ忘れていた画像です。

審理委員会に送りつけた配達記録付き内容証明郵便ですが、
ちゃんと聴聞会の当日・午前中に受け取っていただけています。
f0129849_2337886.jpg

でも「聴聞会当日に受け取ってもらえたよ~」と書いても、
日付部分が黒塗りじゃわからんですよね~。
ナハハ。悪しからずです。


********************************************

審理委員会に送りつけた手紙に関して、
アイデアだけ出て、やらなかったことがあります。

それは、
公証役場で、「確定日付印」 を押してもらう。
ということです。


公正役場に、
審理委員会から渡された手紙と、
自分が返信用に作った手紙を持って行きます。

そうすると、
この書面がその日に確実に存在しますよ、
という「確定日付印」を押してくれます。
(公証人手数料は700円です。)

スタンプが増えるだけで、
相手に与えるプレッシャーが増します。


書面の記載の真偽まで証明したい場合には、
公正証書を発行してもらうのも面白いですね。
(お金はかかりますが。)

その場合は、
内容証明で審理委員会に送る予定の手紙に、

「尚この手紙は、公正証書発行済です。
 別添送付致します。」


等の文言を入れて下さい。

内容証明郵便には別のものは入れられませんので、
審理委員会に送る手紙とは別の封筒を用意し、
公正証書の原本またはコピーを入れて、
同じ日に届くように送りましょう。

詳しくは「公正証書作成ガイド」等のサイトをご覧下さい。

これで相手に与える心理的プレッシャーはばっちり。

今後同じような経験をなさる方は、
宜しければどうぞお試し下さいませ。
[PR]
by what-tower | 2009-01-18 21:09 | 最終局面 | Comments(21)
仕事が終わってから食事をし、
スターバックスでいつものお決まりの、
トール・ソイ・ヘーゼルナッツ・カプチーノ*を飲み、
ひとしきりくつろいでから、王国会館の前を車で通った。

そう今日は、聴聞会当日。

午後21:00過ぎ。

水曜日はうちは集会はない日なのだが、
ロールカーテン越しに第二会場だけに、
蛍光灯の灯りが点いているのがわかる。

駐車場には5台の車。

そのうち1台は、
巡回監督のものだ。

隣の○●会衆がちょうど巡回訪問で、
集まるのには都合が良いのだろう。


みんな~っ!!
今日はボクの為に集まってくれてありがとう♪


ライブのクライマックスの時の台詞のようである。


こちらが設定した返答期限は、
来週の木曜日。

回答の期限は1週間。
何をしてくるかな。

楽しい想像をしながら、
ボクは家に帰った。


翌日の木曜日は何事もなく過ぎた。
会社の同僚の長老も何も言ってこない。


金曜日も何事もなく過ぎた。


現在巡回訪問中の○●会衆には、
数年間在籍したことがある。

さらに言うと、
そこの会衆の調整者(主催監督)は、
機械仕掛け兄弟である。[久々の登場!]



土曜日。

○●会衆の仲の良いIT兄弟から連絡があった。

What-Tower、大変だよ~!
昨日の集会で、機械仕掛け兄弟ともう一人の長老が、
What-Towerと仲の良かった人に片っ端から事情聴取してたよ!



怒り狂った巡回監督は、
ついに“底引き網漁”を展開した。

これ、さすがにちょっとだけ焦りました。

○●会衆には、
ボクが背教活動で話をした、
個人的にお世話になってきた、
60代のM夫妻がいる。

彼らは組織の間違いを認めているが、
様々なしがらみから今は辞めることはできない、
という立場を取っている。

むしろここまできたら、
この組織の行く末を見てやろう、
と話していた。

それはそれで本人たちの結論だし、
良いのではないかと思う。


その夫婦にも、
捜査の手は伸びた。

機械仕掛けともう一人の長老が近づき、
「最近、What-Tower兄弟と連絡を取りましたか?」
と質問を投げかけた。

M兄弟はただならぬ状況を察し、
「いぇ、最近はわかりません」
と答えた。

そして、
「何かあったんですか?」
と逆に質問。

機械仕掛け兄弟は、
「今はまだ言えませんが、
 近々、お伝えできると思います」

とだけ答えた。


ちなみにボクは過去に、
3巡回区にまたがる5会衆に所属している。

今回の“底引き網漁”作戦を見ると、
どこまで活動をしたのかわからないところが、
よっぽど怖いのだろうと思う。


ちなみに、IT兄弟によると、
1年前に機械仕掛け兄弟のひどい扱いに耐えかねて集会に行かなくなり、
その後にネットのJW情報に触れて背教した2家族(計4名)がいるのだが、
その人たちのことも「What-Towerのせいだ」ということで、
巡回監督に報告されているらしい。

あの~、
関係ないんですけど。

てか、機械仕掛け兄弟さぁ、
もとはといえばあんたが躓かせたものを、
自分の保身の為に、ボク(背教者)のせいにするのは、
やめてもらえませんか。


○●会衆には、
今まさに、自然消滅の準備をしている姉妹や、
まだ組織を離れる結論には至っていないものの、
急がずにじっくりと考え続けている仲間がいる。


悪いけど、
そう甘くはないんだよ。
機械仕掛け君。


恐らく、
今回の巡回監督指示による“底引き網漁”作戦は、
たいした成果もあげられなかったものと思う。


そして時は過ぎ、
回答期限の木曜日になった。

やや緊張気味に出勤。

同僚の長老とは、
一度話す機会があったが、
特に何もなく過ぎた。

そして退社。


*****************************************
尚、期日までに書面にて上記全てにご回答頂けない場合には、
訴えに根拠のないものと断定させて頂きます。

*****************************************

こうして、2008年末の某日、
What-Towerの、強制自然消滅が完了。

tokkenn・What-Tower両氏の、
一連の組織との攻防が続きましたが、
ここに完全勝利を宣言。

「エホバンゲリヲン」シリーズは、
これにて幕を引かせていただきます。


応援して下さった皆様、
本当に!
本当に!!本当に!!!
どうもありがとうございました!
f0129849_5525566.jpg


[PS]*
スターバックスで頼む、
「ソイ・ヘーゼルナッツ・カプチーノ」は、
いろんなカスタムを試して辿り着いた最高のお気に入りです。
浮気して「モカ」とか頼んでもやっぱり次は戻ってしまいます。f0129849_3554462.jpg
このブログを書く時にも、よく飲みます。
少し甘いのが大丈夫な方は、
良かったらお試し下さいませ。

おススメのカスタムも、
ありましたら教えて下さいね。

注文するときはこの画像を見せて→
サイズを指定(ショート・トール・グランデ・゙ベンティ)
すれば作ってくれます。

自然消滅の記念の味として、
飲むたびに思い出して下さい。www
[PR]
by what-tower | 2009-01-11 23:12 | 最終局面 | Comments(50)
「エホバンゲリヲン」シリーズはリアルタイム、
と言ってくださる方がいらっしゃいますが、
すみません、少しだけタイムラグをいただいています。
(さすがにリアルタイムでは。。。)
何故かズレているバレーボール中継のような感じです。

ということで、
現在、昨年末の出来事を書いております。

では自己満足ながら、
先日お送り致しました内容証明郵便の、
書面解説をさせていただきます。

これから同じような道を歩む方がいらっしゃいましたら、
サバイバルのための参考にしていただければ幸いです。


****************************************
小生が組織を批判したと申し立てられているとのことですが、
突然の話で大変困惑しております。

****************************************

正直、心当たりなんてきりがないほどあるんですが、
ここは、訴えた相手を中傷で逆に訴えるぞ!
くらいの面の皮の厚さでいきましょう。

ていうか、

「組織批判?してませんよ。
論評 しただけです。」


くらいの、
謎の自信が大切です。


************************************
全く身に覚えの無い事に対して、
万障繰り合わせてお伺いする訳にもいきませんので、

************************************

これで、召還に応じられない理由が説明できました。
こっちは忙しいんです。


******************************************
誰が、いつ、どのように小生が組織を批判したと言っているのか、
申立ての全てを、■[社内の長老]■兄弟経由で結構ですので、
2008年■■月■■日迄に小生へ書面にてご回答願います。

******************************************

申し立ての 全て を書面にて回答いただかなければ、
こちらは一切受け付けませんよ!という姿勢が大切です。

誰が訴えたかとか教えてくれなかったりしたら、
却下ですからね~。
(まぁ、誰かは知ってるけど。w)

しかもこちらが訴えられている側なのに、
図々しく 回答期限 まで決めてあげましょう。

この手紙が届くのが聴聞の当日、水曜日。
期限は、翌週の木曜日に設定しました。

この期限付きの回答要求を読んだtokkennが、
「ほんと面倒くさい奴だと思われてるだろうな~」
と言って爆笑してました。


*****************************************
尚、期日までに書面にて上記全てにご回答頂けない場合には、
訴えに根拠のないものと断定させて頂きます。

*****************************************

一応これで、
強制自然消滅 できる期限が決まります。

これでちゃんとした回答もなく排斥とかされたら、
「え?何それ?ありえなくね?」と言えます。

しかし、
強制自然消滅 って、
変な言葉ですね。


************************************************
噂話で人を中傷する人間が、困窮する仲間に追い討ちをかけるような事は、
まさに終わりの日のしるしです。思慮深く行動なさる長老団には、
そういったサタンの罠に十分警戒下さるよう期待しております。

************************************************

この手紙を見せた背教仲間は、
全員この最後の文章で吹いてました。
なかなか、いいでしょ?

JWがいつも現実逃避に使う言葉です。
逆に同じ言葉で返してあげると、何故か怒ります。
f0129849_23215615.jpg


あと工夫したのは、
文章のレイアウト です。[→]

字の間隔を少し開けて、
且つ、文字を(点丸含めて)等間隔に配置します。

そうすると、
読む側は心理的に不安定な気持ちになります。
また、何度読んでも意味を理解しにくくする作用があります。



最後にもうひとつ。

審理委員会が郵便物を受け取ったら、
どこの郵便局から出したかを見るんじゃないかな~ということで。
f0129849_23222881.jpg
[国会内]でスタンプをいただいてきました。
気付きましたか?(ちょっと薄い・・・)

本当は最初、
最高裁判所内郵便局に行ったんです。
[最高裁判所内] スタンプを押してもらいたくて。
別にそれに法的な意味はないんです。

でもほら、ビビるかなと思って。
[最高裁判所内] ってスタンプがあったら。

仕事の合間縫って行ってきました。
最高裁判所。

そしたら最高裁判所内郵便局の局員さんに、
「すみませんうちは内容証明郵便扱ってないんです・・・。」
と言われてしまいました。
トホホ。

(もしかしたら東京高裁内郵便局とかは扱ってるかも。
どなたか出す機会がある方は調べてみて下さい。)


で、こうなったら国会だ!
ということで、(どういうことだ?)
国会内郵便局から内容証明郵便を送り、
[国会内] スタンプを押してもらいました。


まぁ審理委員会の兄弟たちも、
なんでこんなところから出してるんだ?
てかWhat-Towerは国会で何やってるんだ?
くらい思ってくれると面白いかなと。



皆様も、
こういった類の文書を出すことがありましたら、
どうぞ様々な遊び心をふんだんに盛りこんで下さい。
そしてボクにも見せて下さい。w


次回の「エホバンゲリヲン」は。。。

聴聞会当日の夜から、
その翌週にかけての出来事の予定です。

どうぞお楽しみに。
[PR]
by what-tower | 2009-01-05 23:16 | 最終局面 | Comments(28)
年末は忙しい!と言いながら、
なんだかんだでPCに向かえています。

審理委員会の反応とかが、
あまりにも面白い展開すぎて、
「作り話説」まで出ている昨今です。

面白すぎるのも困りモノです。>長老たち

ほとぼりが冷めたら、
やりとりした書類関係は、
いろんな箇所を黒塗りで隠したりせず、
公開できる時がくるんでしょうか。

まだだいぶ先の話でしょうね。

そ~だ!

もし 排斥 にされちゃったら、
まぁ、お礼と言っちゃぁなんですが、
長老達の名前の黒塗りのところを公開しちゃうよん!emoticon-0103-cool.gif

だから自然消滅させて~。www
(ほとんど脅迫!?)

********************************************

聴聞会を翌日に控えた火曜日。
仕事の合間に郵便局に行ってきました。

先日手渡しでいただいた長老たちからの手紙への返事を、
こちらは 配達記録付きの内容証明郵便 で送りました。

聴聞会当日の水曜日に、
ガイコツ兄弟のお宅に届くそうです。

聴聞会はどうするかって?
行くわけないですよね。

だってこの期に及んで、
自然消滅希望emoticon-0136-giggle.gif ですから。


手紙を出すまでのいきさつは後の記事に譲るとして、
まずは講釈抜きで読んで楽しんでいただきたいと思います。

また、本当にお世話になった応援して下さった皆様への、
今年最後のささやかなプレゼントの意も込めまして、
ここに謹んで掲載させていただきます。


[画像クリックで拡大]
f0129849_22322916.jpg

[PR]
by what-tower | 2008-12-28 22:34 | 最終局面 | Comments(44)
f0129849_23375740.gif

な~んて手紙は送りつけてませんが、
同僚たちが、本当にみんな、
すっごい楽しそうに読んでくれるんですわ。
いいネタになってます。ありがとございます。


さてと。

反撃対策チーム召集 です。

まぁ反撃といっても、目的は、
うまく自然消滅するだけなんですが。

話は大きくした方が面白いじゃないですか。


まずは友人M。

彼は、国の機関等から依頼を受けて、
軍事シュミレーションを仕事にしている、
よくしゃべる関西人。

友人Mは、大学生の時に、
関西で 新興宗教を1つ潰した人間 です。

JWなんか比べモノにならないくらい小さな、
数千人規模の新興宗教ですけどね。

彼の大学時代の友人がそれにハマり、
誘われて集まりに参加したのがきっかけだそうです。

誘われた友人2人(うち一人がM)は、
集まりで皆の前で質問し、矛盾を突きまくり、
ついでに笑いもとりまくり(本当によくしゃべる!)、
だんだん教団側の話よりも、彼ら2人の話の方が良いぞ、
という空気になり、教団自体がそのまま衰退→解散。

むしろ宗教を興したらどうかという話も出たそうですが、
興味ないからやらなかったそうな。


もう一人は、友人I。

彼は、
医者の就職斡旋や病院誘致などの仕事をしていて、
訴訟がらみの法的手続きで場数を踏んでいます。
今回は医療系は関係ないけどアドバイザーとして。


3人で協議です。

協議といっても、
こうしたら面白いんじゃないか、あ~したらどうかと、
集まって、手紙をツマミに語らっただけなんですが。w

何段階かに分けて、
相手の出方とこちらの対処方法を話し合い、
楽しませていただきました。

こういうのは、
あれこれ想像して話し合うのが、
本当に楽しい時間です。



さてさて。

まずは、
いただいた手紙に、
返事をしましょう。


電話連絡は絶対にしてはいけません。
相手の思う壺ですから。

 (どうしても電話をする場合は、最低、録音して下さい。
  「大切な用件ですので、録音させていただきます」
  の前置きを必ず忘れずに。)

むこうはいい加減な書面を手渡しでくれましたから、
こっちはちゃんとした書面でお返しして、
優位に立たないといけません。
[PR]
by what-tower | 2008-12-22 23:52 | 最終局面 | Comments(30)

『交響曲第9番』第5楽章

f0129849_0443222.gif

皆様ご心配いただきありがとうございます。

いただいたコメントをいくつかお借りするかたちで、
状況説明をしたいと思います。


**********************************************
Commented by 名ばかりちょーろー at 2008-12-18 13:37 x
審理委員会というのは会合そのものの意味ではなく、排斥を
決める組織のことなんです。
で、事情聴取をする場が聴聞会ということで。
既にクロ決定ということでつねw

**********************************************


そうですね。既に 真っ黒 決定です。
それは、以前のtokkenn兄弟のブログの記事、
「これからの人生。」
をお読みいただければ、
最初から黒として裁く気だったことがわかります。

以前の記事、
「エホバンゲリヲン ~破~」
もご覧下さい。

この中で長老達が、
いきなり最初から配達証明郵便を送りつけてきたのは、
tokkenn兄弟を含めた2人の証人がいるということで、
かなり強気だったからです。

What-Towerが配達証明郵便を受け取った場合、
まいけるさんの言葉を借りるところの「公的に通用する方法」のため、
たとえWhat-Towerが審理委員会の呼び出しに欠席したとしても、
本人には呼び出しの正式な通達をしたということで、
そのまま排斥にだってできる算段だったはずです。

けれども、
配達証明郵便は受け取ってくれないわ、
tokkenn兄弟は欠席するわで、
審理委員会側としては、
勇み足だった。

そのまま引っ込みもつかず、
なんとかWhat-Towerに連絡を取るために、
勢い任せで会社に来たりとか色々したけど、
ぜんぜんWhat-Towerは捕まらなくて、
全く本人に、訴えの話ができていない。

(こっちは内通者から聞いて知ってるだけだし。)

で、
巡回君に突っつかれたのか、
ついに痺れを切らしたのか、
こんな、何の公的な保証もない、
「仲介者を通して手紙を渡す」という、
隙の多い方法を取ってしまったわけです。


***********************************************
Commented by 自由 at 2008-12-19 19:00 x
この展開は、予測できてましたか?そこが知りたいです。

***********************************************


予測、というよりも、
ずっと希望していました。

「Dream Fighter」の記事にて、
追いかけられ始めた最初から、
ボクは“あるもの”をずっと待ち続けている、
と書きました。

その“あるもの”とは、
この、全く「公的に通用しない」カタチでの、
書面で通達を受けることでした。


逃げながら待ち続けるボクにtokkenn兄弟は、
「本当に手紙くれることなんてあるんすか?」
と言っていたし、

母親の働く店に長老が来た後には、母親からも、
さすがに長老の相手をするのに疲れた様子で、
「手紙で連絡をもらうのは至難ダワよ」
と言われました。


だから、
とうとう手紙をよこしてきたので、
あまりにも望み通りになりすぎて、
嬉しくてハシャいでしまいます。w


通常は審理問題を扱う際、
審理の対象となる相手に対して、
文章などのカタチとして残るものは渡さない、
というのが今の基本のようです。

(「北広島会衆事件簿」には掲載されてますが。)

「呼出しの通知くらいは良くない?」と思うけど、
今回も、本当に最後の最後の手段として、
手渡しで手紙をよこしてきたことから、
いかに文章を渡すことにナーバスかが分かります。

詳しくどんな訴えがなされているのかを書いたものや、
排斥の決定をした場合には、その排斥通知ですら、
本人に対して文章化したものは渡さないのが基本です。

(今回の手紙も、必要最小限の情報しか記載がありません。)

それは、訴訟などを避ける為の、
証拠を消すための協会の巧みな方法でもあるのでしょう。


それほどまでに文章を渡すことを嫌う審理委員会側が、
今回、こうして手紙を渡してきた、
しかもあまりにも不確実な「手渡し」でというのは、
もはや万策尽きてしまいどうしても仕方なく・・・、
という焦りの色が感じ取れます。


絶対的に審理委員会側有利だった、
前回送りつけてきた「配達証明郵便」とは、
今回は明らかに力関係が違います。


だからこそ、
この「手紙」を、
反撃の合図として、
待って待って待ち続けたのです。


約2千年前の、
カエサルの言葉を借りてもいいですか。


『賽は、投げられた。』
[PR]
by what-tower | 2008-12-20 17:02 | 最終局面 | Comments(20)
携帯が彼女だとか、
冗談なんか言ってる場合じゃありません!

転職も決まり、
このまま逃げ切りなのか!?
というところで、
またしても事件です!

f0129849_0565978.jpg
仕事が落ち着いて、
少しホッとしている時間に、
社内にいる長老がまたこちらにやって来ました。

今度こそチュ~されてしまうのか!?
(だからそこなのか?)


「これを預かってきました。」


そう言うと同僚の長老は、
スッと封筒を差し出してきた。

それ以上は何も言わず、
彼は去って行きました。


どれどれ?
やっぱりいきなりチュ~ではなく、
ラブレターにしたのかな?

それにしちゃ、
味気ない白の事務封筒だなぁ。


なんと!!


気になるその中身を掲載しちゃいま~す。

(画像クリックで拡大します。)

f0129849_1113974.jpg


あれれ!?

前は即刻 審理委員会 での召喚だったはずなのに、
読んでみると 聴聞会 になってます。

格下げされてんなぁ。

やっぱり証拠不十分で、
(同時の複数証言がない)
仕方ないのでなんとか呼び出して自白させよう、
ってことなんだろうな。。。


しかし、どうしてこう毎度毎度、
面白い展開 になっちゃうんでしょうかね~。
[PR]
by what-tower | 2008-12-18 01:26 | 最終局面 | Comments(40)
仕事が落ち着いて、
少しホッとしている時間に、
社内にいる長老がこちらにやって来た。

今日はチラチラとこちらに視線がきていて、
話しかけるタイミングを狙っていた様子。

彼にはずっと警戒してきた。

ボクのデスクの電話番号や、
シフト表を審理委員会に横流ししたのは、
まぁ、恐らく彼でしょう。


それにもしかしたら、
「ちょっと来て下さい」なんて誘い出されて、f0129849_1522697.jpg
まるでゲッセマネの園のユダ・イスカリオテのように、
ボクを長老たちに引き渡すなんてことだってあり得る。


あんなオッサンに口付けされるなんて嫌だ。

(そこなのか?)


てか、お前がイエス役かよっ!
って突っ込みは、

・・・ごもっとも。


なにはともあれ、
そういう訳で、
彼とは少し距離を置くようにして仕事をしてきた。


その彼が近付いてきたのだから、
f0129849_158135.jpgさすがに身構えましたよ~。


なんとかチュ~は避けたい。

(だからそこなのか?)


同僚の長老は、
スッと小さなメモを差し出してきた。
そして、

「電話下さい、とのことです。」

それだけ言って去って行った。

ふぅ~。
チュ~は避けられた。
(だからそこなのか?)


付箋を少し大きくした程度のサイズのメモ用紙に、
ガイコツ兄弟の名前と携帯電話の番号が書かれていた。


知ってるって!
うちの長老の連絡先くらい。



即行、シュレッダーしました。


ブログに画像載っけるために、
スキャナすれば良かったのですが、
まぁ勢いってことで。
バリバリと。


きっと彼は、
審理委員会の兄弟達に、
「What-Tower兄弟に渡しておきました」
と連絡しているのだと思いますが、
それで確実に本人に伝わった保障にはなりません。


もちろんこちらから電話なんかしません。
今は、ひたすら白を切り続けるしかありませんから。
[PR]
by what-tower | 2008-11-28 02:02 | 最終局面 | Comments(38)