エホバの証人(現役→自然消滅?)ですが、何か!?


by what-tower

カテゴリ:コラムなど( 71 )

時間が過ぎるのが早い。

暖かくなってきましたね。
お元気でしょうか。

関東はここ数日、
日中は薄手のコートでも暑いくらいです。
まだ2月なんですけどね。


手前事ですが、
私、数年前に民営化した某N社にて、
サラリーマンをしております。

お客様サービスの改革を担当しておりますが、
民主党政権になりましていまいち方向性が定まらず、
また旧態依然とした組織内部の体質と日々戦っております。


・・・あれ。

どっかの組織にいた時と似ているぞ。www


でもこちらはちゃんと給料をいただけるので。


JWも長老クラスとか給料制にしたらいいんじゃないかと思うんですよね。
それで、会衆の成員全員の総評価で給料の増減、長老罷免が決まるとか。
そしたらずいぶん悪徳長老が減ると思いますよ。

聖書にも「働き人がその働きに応じて酬いを得るのは良いこと」とありますしね。

背教者に心配されるなんて余計なお世話って感じかもしれませんが。
老婆心です。仲の良かった人もまだ組織の中に居ますし。


それはさておき。
次は「われわれはどこから来て〜」
の記事の続きをUP予定です。

いつもながら、
気長にお待ちいただけると嬉しいです。(汗)



[私信]ゲハジさん???www

googleに検索急上昇ワードの機能があって見ていたら、
「6位:破顔する」の「ブログ記事」欄のトップに。。。
f0129849_1951211.jpg
(画像クリックで拡大)

爆笑してしまいました。
ここのところJWブログ自体チェックしてなかったので、
何かの縁かと思いまして、まとめてゲハジさんとこの記事読ませていただきました。

あと、、、
たぶん住まいが比較的近くだと思います。
えへへ037.gif
[PR]
by what-tower | 2010-02-26 19:52 | コラムなど | Comments(15)

2010年。

今更ですが、、、

新年、明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。

(しばし放置状態にも関わらずご挨拶下さった皆様には
 特に感謝しております。。。スミマセン。)


今年もまた激動の1年になりそうですね。


自分は、JWを辞めて、
また、JWのマイコンから完全に自由になって、
本当に、本当に幸せに生きています。

もちろん棚ボタでうまくいったのではなく、
自分なりに努力してきたつもりです。


2010年。

このブログを読んで下さっている、
元JW、そして脱JWを目指している方、
皆様の幸せを心から願っています。

(リアルタイムで大変な思いをしながら脱JWが近づいている友に、
 この場でエールを送ります。応援してます!)


人がブレずに強く思い続けること(念)は成就します。
その通りになっていきます。

「思考」はエネルギーだからです。

残念ながら物質界では低い思考(念)の方が成就しやすいですが、
波長の高い皆様は、必ず幸せと成功を掴むことと信じています。

回りで何があっても、お互い良い一年にしましょうね!


ネット上での出会いとはいえ、
人生という旅を共にできる必然な偶然に感謝しつつ。。。

f0129849_3262759.jpg

[PR]
by what-tower | 2010-01-07 03:34 | コラムなど | Comments(15)
ご無沙汰しております。

いろいろとお約束の記事等ありながら、
滞っておりまして申し訳ないです。


お陰様で充実した毎日を送っております。


JWへの毒気もずいぶんと抜け、
痛烈な風刺と笑いのネタにはすれど、
恨み怒り等の感情はほとんどありません。

今、JWとして一生懸命に活動した日々を振り返ると、
ひとつの恋愛みたいなものだったな、と。

恋愛って、ある特定の相手が、
他より特別な存在になることですよね。
その人が一番だって思う。

でも本当はそんなの思い込みで、
一番な訳なんてない。(笑)

宗教にハマるのも同じようなものだなと。


「俺よりいい男はいないぜ」
「あたしよりいい女はいないわよ」

って自分で宣言するヤツがいたら、
普通は「こいつヤバくね!?」
って思うんだけど。。。

恋愛モードに入っちゃってると、
そんなバカな相手の発言でも、
「うん、うん!」ってなっちゃったり。


だから、
JWが世界で唯一真の宗教だって、
本当はそんなことあるわけがないんだけど、
そう思いたい人は思ってればいいと思う。
恋愛みたいなものだから。

「唯一の真の組織」って自己主張するのは、
端から見てるとただのイタい団体だけど、
まぁ重い恋煩いみたいなもんだから、と。


でもその恋のマジックが解けちゃったら、
別れればいいんじゃない?って思います。

ただJWは、なかなかうまく別れさせてくれない、
かなり面倒臭い彼氏・彼女であることは事実だけど。

そこんとこは、
相手が悪かったと思ってがんばって。


ひどい別れ方やどろどろの別れを経験すると、
しばらくは怒りや恨み悲しさが込み上げてくるのは仕方ないけど、
いつまでもそこに留まっているのはスマートじゃないですよね。

それも恋愛とJWは同じで。

だから「被害者」って言葉はなるべく使わない方が、
先々のためにもいいんじゃないかな、
と個人的には思います。

もちろん別れたばかりの時には、
気持ちを吐き出せる場所が必要だったりするけど、

「あいつのせいで俺は(あたしは)ぼろぼろだ」

なんて何年も昔の恋を引きずってる人がいたら、
ほんとキモイでしょ。

それよりも、
何年後かにはグッと素敵になって、
見返してやろうじゃないですか。


それなりに反発もある記事と思いますが、
いい人ぶって同情心溢れるキャラ作る必要もないし、
今思うことをそのまんま書いてみました。
[PR]
by what-tower | 2009-09-05 21:11 | コラムなど | Comments(32)
お待たせ致しました。
Podcast配信始めました。
お耳汚しですみません。
あ、耳汁たれた。。。


タイトルは、

「第13会場へようこそ。」

iTunesStoreからダウンロードいただけます。

⇒「Podcasts」
  ⇒ 「宗教&スピリチュアル」
    ⇒ 「キリスト教」

の中にあります。
良かったら探してみてください。m(__)m


「新作&注目作」の中にも入れていただきました(^^♪
f0129849_1375687.jpg
appleさん、
ありがとうございます!


しかしその、、、

なんていうか、、、

まわりの番組の真面目なこと(^_^;)

品格下げてすまそん。


iTunesStoreの中で探すのが面倒くさい方は、
ここをクリックですぐに飛べます。
(iTunesを使っていない方はインストール先に飛びます。)


下品かつ頭の悪い番組であるため、
集中して聞いてくださることはオススメできません。
人生は短いです。時間を大切にして下さい。

通勤・通学などの際の「暇潰し」程度にでも聞いて下さると嬉しいです。


配信第3回は、引き続き「思い出の聖書物語の本」ネタを募集しています。
誤解ないように、、、マジネタ、その他なんでも、大歓迎です!

配信第4回は、tokkenn兄弟をゲストにお迎えする予定です~。
(←本人にはまだ言ってません(^o^メ)ヘヘヘ)
[PR]
by what-tower | 2009-06-02 01:29 | コラムなど | Comments(25)
JW的思考からの完全離脱に役立つ!?のかわかんないけど、
自分に役立った情報や体験を垂れ流すと宣言したものの、、、
(これは、じっくり記事を推敲しながらやります!)

本来お馬鹿なはずのこのブログが、
まじめくさった内容メインになっていくことには、
非常な危機感を感じているGWです。


数少ないお笑い系JWブログ路線の先駆であるという自負はあれど、
今では完全にゲハジ氏にお株を奪われた感がありますし。www
(ファンです。)

基本的には、JWのことなぞは、
笑い飛ばせばそれでいいと、
そう思っています。


なので(!?)、Podcast始めます。


番組タイトルはまだ未定。(構成さんと打ち合わせ中。)

先に皆様の投稿だけ募集致します。

第一回のお題は、

「わたしの思い出の聖書物語の本」

JW2世の多くは、
「わたしの聖書物語の本」(ものみの塔聖書冊子協会発行)
で育っていますね。

あなたの心に残っているエピソードを、
その章のタイトルだけでも結構です、
(もちろん内容解説や思い出話もあれば感謝)
ハンドルネームを添えて下記にお寄せ下さると嬉しいです。
what.tower@gmail.com

ちなみに今、手元に「聖書物語」の本がないので、
それが本当にあったエピソードなのか確かめる術がないんですよね~。(←ここがミソ)
[PR]
by what-tower | 2009-05-05 22:47 | コラムなど | Comments(8)

思考の限界と可能性。

f0129849_22162135.jpg
よくわからない図柄でしょう?意味が分りません。

この図柄についてはまた後で触れます。


エホバの証人が「唯一の真の組織」などではない、
と確信し始めた頃、勤めていた会社の他の部署にいた、
数年前に排斥になっていた元2世の兄弟に近付きました。

「エホバの証人辞めるつもりなんですよ。
 ほんと、嘘ばっかでやってらんないス!」


彼は目を丸くして、

「そうなの?」

と一言。

組織のおかしいところの一部を概略だけ話し、
エホバの証人を辞めようと思う、と伝えました。

彼は、

自分は弱くて辞めようと思った。
でも世の中へ出ても中途半端だし。
いつかは戻ることになるのかなと思ってた。

と話してくれました。


しかしその会話は、
当時の自分にとって衝撃的でした。


彼はJW辞めてもう数年経っているし、
脱JW歴は自分よりも先輩なのだから、
当然、組織の中での教えとかにケジメをつけて、
新しいパラダイムで生きているのだろう。


という期待も込めて近付いたわけです。


そうしたら実際は、
辞めても思考はJWのままというか、
悶々としたまま過ごしていました。


それから、
数人の元JWとコンタクトを取るにつれて、
どうも、組織を離れた後にも、

「エホバの証人の教えは正しい」
「自分が弱いだけだ」


と思っている人がけっこういることが分りました。


「エホバ」という神がいると思う。
世の中は「サタン」が支配している。
ハルマゲドンは来ると思う。
死んだら無になると思う。



なかなか捨てられない主なものはこの4つでしょうか。


最近あることがあって(ある光景を見て)から、
細々とですがJWのことに関わっていこうと思いました。

JW的思考から解放されたいと思う方に、
ちょっとだけ先に組織から抜けた者として、
少しでもお役立ていただけるような記事を書けたら嬉しいです。


この絵を見ていただけますか。
f0129849_2422811.jpg

ではもう一度この記事の最初に戻っていただいて、
あのよくわからない模様を見て下さい。

あのよく分らない模様が、
何かの動物に見えるようになりますね。


じゃぁ再び最初の絵に戻って、
その動物以外の模様を探してみて下さい。

多分、難しくなってしまったと思います。


このことから分るように、
私たちの脳は、一度ある情報が刷り込まれると、
そこを脱却して考えるというのが非常に難しくなります。

これだけのことでも意識的に変えるのが難しいのですから、
2世として小さな頃から繰り返し繰り返し刷り込まれた思考パターンは、
なかなか抜け出ることが難しいですよね。

どうしてもJWの教えが正しいのではないか、
自分でどう考えてもそう思うかもしれません。

でも、もしかしたら、
組織を抜けても今はまだ信じているJWの教えも、
ただの刷り込まれた情報かもしれない。。。
という可能性を最初から否定しないで、
色々調べていただきたいと思います。


刷り込まれた情報があると、
ぜ~んぶそういう方向に思考が向きます。

超不景気のニュースを見ると、
ハルマゲドン来るかな。。。とか。


でも思考の幅を広げてみると、、
どういうカラクリでそう思わされてきたのか、
だんだんと分ってきます。

そして、あれはただ刷り込まれただけなんだということも。


これからの記事で、What-Tower自身が個人的に、
思考の枷から自由になるために役立った出来事や、
出会った人・読んだものなどをぼちぼち書いていこうと思います。
(実はこの点に関しては、今まで意図的に書いていませんでした。)

それが絶対というのではなく参考程度で読んでいただければ結構です。

良かったら皆さん自身の辿った経緯なども良かったら教えて下さいね。


図版出典:「カラスの死骸はなぜ見あたらないのか」(矢追純一著)P39、46
[PR]
by what-tower | 2009-04-22 02:45 | コラムなど | Comments(20)
組織のせいに、
してちゃいけない。


組織の間違いを確信してから、
ずっと組織のせいだと思ってきた。


確かに、、、

きっかけはそうだったかもしれない。


でも、でも、

本当の原因は自分にあるんだ。


そう、
組織のせいにばかり、
してちゃいけないんだ。




ボクの体重が、
右肩上がりに増加していることを(-_-;)




あなたは、
ストレスでやせる人 or 太る人?


ボクは確実に後者の方なんです。


このブログを書き始めた頃から、
15kgは増えてます^_^;

2年で15kgだと、
順調に?このペースだと10年後には、
今の体重プラス75kg!!!
余裕で1/10トン越えです。

ヤバくね?


前はよく、
「細いですね」
と言われ、

ロッカーが履くような、
針金のようなジーンズを履いてた時代も・・・


今は、

「いぃ体してますね」!!!

なんて便利な表現www

その気遣いがイタイ… or2



組織を出る前はストレスで、
ひたすら食べる食べる!

出た後は、ごはんが超~ウマい!w


組織でのストレスが原因!と思っていたものが、
組織のせいには、できなくなりました^_^;


北島康介選手の言葉を借りれば、

「もうなんも言えない!」


ん?

がんばりま〜す。
[PR]
by what-tower | 2009-04-14 03:07 | コラムなど | Comments(16)
ボクは“本物”のエホバの証人は嫌いではないです。

21世紀になってからほとんど姿を消してしまった、
武士のような奉仕者たち。

ボクが小・中学生の頃、
当時20歳くらいの開拓者の兄弟姉妹たちと、
一緒に奉仕をしたり、聖書研究をしたり、
そういう時間が本当に大好きでした。

彼らは、
集まれば聖書を読んで感じたことを話し合い、
自分たちの教義に常に絶対の自信を持ち、
教会だろうが寺だろうが殴り込む勢いで話し合いをし、
いつでも新世界訳聖書を小脇に抱えていました。

その中でも特に大好きだったのは、
彼が高校生の頃、学校の同級生に、
 “ウォーキング・バイブル”
というあだ名をつけられていた兄弟。

当時は、子供ながら考えた疑問を口にしても、
今よりもバラエティーある返答が期待できました。
「これは個人的な見解だけれども」と前置きがあったとはいえ、
協会の見解に公式にないことも話し合えた空気がその中にありました。
そして、聖書を伝えたいというほとばしるような情熱と愛が。

JWの魅力は、個人的には、
そういう“信念”に生きる姿だったと思います。


時は流れ。。。


遅くとも20世紀中には来るはずだった終わりは来ず、
前線で活躍した人たちの多くは、長引く戦線に体力の限界から脱落、
若しくは自分自身や家族の経済的事情などから第一線を退いています。


正直、今のゆる〜いJWは嫌いです。
言行不一致だから。

例えば、
けっこう微妙な映画でも「良心」的にOKとかで見に行く人。

※ボクは今はJWの思考のシガラミから解かれていますので、
 特にどの映画がダメとか言うことはありませんが。
 それでもホラーはあんまり好きではないです。
 お金を払ってまで怖い思いをするのは、、、ちょっと。


なのでずいぶんと寛容な兄弟なのかと思いきや、
教義の疑問を一つ語ったら「背教者」と言ってくるわけです。
本人は「それってオカルトなのでは!?」というような映画を楽しみながら。

最近は特に、
そういう言行不一致なJWが多いです。

教義のこともよくわかってない。
だけど排斥者は忌み嫌う。
背教者は怖い。

開拓者なのにろくに聖書も開けない。

会衆に必要で来ていて、
模範的と言われていたある開拓者は、
「啓示の書」の“緋色の野獣”の挿絵を見せて、
これ何を表してるか覚えてますか?と聞いたら、
「なんでしたっけ?」ってマジボケ。

嘘でしょ!?と思って、
考える時間を少しあげたんですけど、
本当に忘れてたみたいです。

その後に協会の国連との関係の証拠を見せたんですが、、、。

結果「背教者だから気をつけた方がいい」と告げ口されました。
“緋色の野獣”が何を表してるかも覚えてないヤツに。(笑)


今はほとんど姿を消した武士のようなJWたちは、
厳しかったけど、言行一致してたと思います。
自分でもしっかりそれを守っていた。

ボクは、そんな戦士たちは嫌いではないです。

そして彼らは、内心どんな想いで、
今の緩いJWを見ているのでしょうか。


時代の流れと共に教義も滅茶苦茶になり、
成員たちもどんどん緩くなり。。。


「今は平行を取れるようになったんだ」
というのが協会と現在の現役の方々の言い訳でしょうが、
それは違いますよ。

あなたたちは、
ただ牙を、失っただけです。

残っているのは、
穴だらけの教義と、
根拠のないプライドだけ。

吠えることしかできない狼です。


そんなことを言っても、今の若い世代には、
なんのことやらさっぱりでしょうか。

ボクも本気で現役をしていた頃は、
神風特攻隊のような気持ちでいました。
古い人間ですから。


この記事を、
そんな戦士たちへの、
レクイエムとして捧げます。
[PR]
by what-tower | 2009-02-14 23:52 | コラムなど | Comments(39)

今回は与太話です。

①星に願いを。072.gif

エスキモーのピノのサイトにて、
願いをかけてみました。
時間がありましたら、
どの星か探してみて下さい。

[画像クリックで拡大]
f0129849_23572657.jpg


②驚愕犬。025.gif

昨日から、
近所の犬がガタガタ震えています。
そして、グルグル回ってます。

飼い主が呼ぶと、
普段ならすぐに飛んでくるのに、
まったく来なくなってしまったそうです。

眠りも浅く、
今朝方は疲れて気絶したような状態で、
またすぐに目が覚めて震えているそうです。

怯え過ぎです。

寒すぎるのか、
地震でもあるのか、
なんとも異常な状態です。


③業務連絡。055.gif

最近全く更新しないtokkennへ。
今度、仕事後に南京亭行こうぜ。

あと、ブログの記事の「エホバンゲリヲン」アニメ用の、
特務機関OIKW のマークを全くのオリジナルで作ってみました。
格好良く仕上がったので、[↓] 使ってくれ。f0129849_023685.jpg








④最後に。058.gif

コメント沢山ありがとうございます。

本当にいつも皆様に応援していただけて、
なのでこんなに楽しく審理委員会を相手にできています。
重ね重ね、御礼申し上げます。

先回の記事の、
コメントのお返事が後になってしまい申し訳ないです。
少し待ってて下さいね。

それと読者の中に、
海外からコメントを下さる方がいらっしゃるのですが、
(フランス、韓国、中国、エジプト)
うまやらしい限りです。043.gif
はるばる海外からアクセス有難う御座います。
お土産、楽しみにしてます。

え?何か?w
[PR]
by what-tower | 2009-01-08 00:04 | コラムなど | Comments(17)

さようなら2008年。

年の瀬も本当に瀬戸際、
皆様いかがお過ごしでしょうか。

こちらは、
仕事の引継ぎなどもあり、
かなりバタバタと過ごしております。

コメント返し、もう少しだけお待ちを。

あと、
審理委員会にお返事をしたので、
本当は早く記事を書きたいのですが、
年内にできるかわかりません。
すみません。

その場合は、
新年のお楽しみということで、
どうぞ宜しくお願い致します。044.gif


皆様にとって、
2008年はどんな年だったでしょうか。


ボクはまだエホバの証人の組織から排斥になっていませんが、
むしろボクの方が、組織を完全に排斥にしてやりましたので、
本当にいい年だったな~と大満足しております。

まだの方はぜひ、
人の人生の主人になろうとする組織を、
自分の方から排斥処分にしてやって下さい。

すっきりしますよ~。

既に排斥になっているという方も、
まぁいいじゃないですか。
自分の方から振ってやったということにしとけば。
どうせ元からそんなに好きじゃなかったしね~って。www


エホバの証人の組織というのは、
所詮、既存の社会構造やメディアの上に乗っかって、
(金・思想両面で)それで成り立っている宗教ですから、
来年以降の大きな社会構造の変化の前では、
全く成す術もなく衰退します。

エホバの証人の言うハルマゲドンは永遠に来ません。

必死に世の中が悪い!悪い!とマスコミに輪をかけて不安を煽って、
沈みかけの船に人を乗せようとするのが、世界で唯一の“愛の組織”!?
統治体という、地の人の子に信頼を置いてはいけません。


美鈴さんという方の本にある、
ボクの今の座右の銘です。

********************************************
森羅万象によって生かされていることを再度理解し、
すべての御霊(いのち)を敬い、
愛を返すことにより、
汝ら一人ひとりが、
この世を救う救世主となるであろう。

********************************************

来年は、ポジティブに!

愛念溢れる人になれるように、
足元から、行動できるようになりたいです。
まだまだ程遠いですが。。。(^_^;)


虚ろな目で「早く楽園来ないかな~」と言いながら、
600万人以外の人の死を良しとする宗教に、
さようなら。


それでは皆様、
どうぞ良いお年を!
[PR]
by what-tower | 2008-12-28 00:04 | コラムなど | Comments(26)