エホバの証人(現役→自然消滅?)ですが、何か!?


by what-tower

カテゴリ:JW教義その他( 25 )

先回の記事に続きます。

気が向いたので「洞察」などの中にある、
牧会書簡の信憑性について考察してみます。


「洞察」(第2巻P282)の中には
このように書かれています。

 “テモテ第一および第二の手紙の信ぴょう性は
  十分に確立されています。”

十分に確立されているという、
その解説について検証してみましょう。


またまた長くなりますので、
分割記事に致します。

宜しければお付き合い下さいませ。

続きを読む(クリック)
[PR]
by what-tower | 2009-06-28 15:10 | JW教義その他 | Comments(16)
エホバの証人の教義にとって大切なものの多くが、
“パウロ”が個人宛に書いたという、
「テモテへの手紙第Ⅰ・Ⅱ」
「テトスへの手紙」
にあります。


・異なる教えや偽教師(背教者)を避けるように。
・監督や奉仕の僕の資格や任命基準。
・女性は黙っていて模範的であるように。
・終わりの日には対処しにくい危機の時代が来る。

 などなど。

エホバの証人の大好きな聖句ばかりです。


ですが上記の書は、

パウロの名前を借りて書かれた、
ただの偽名文書です。



パウロはとても独創的で、
素晴らしい教え手であったにも関わらず、
戒律主義的で「業ありき」な偽名文書のおかげで、
すごく狭量な人物のイメージが付いてしまっています。
そう思うと、パウロがかわいそうにもなります。

「テモテへの手紙第Ⅰ・Ⅱ」「テトスへの手紙」は、
パウロの著作という体裁をとってはいますが、実際には、
パウロの死後に別の人物が書いた偽名文書と言われています。
ちゃんとした聖書学者たちのほとんどが、
根拠を元にそのことを理解しています。

ちなみに聖書全体の本や洞察には、
どう考えてもそりゃ思い込みでしょ!?
という“言い訳にもならない言い訳”しかありません。

(コメント欄に出版物を引用した反論を書いて下さっても
 一向に構いませんが、あんまり意味ないと思います。)


最終的には、
「直接書いているところを見た訳じゃないじゃん?」
と言われればそれはそれまでなのですが、
逆も然りってところでしょうか。

今回はその根拠のいくつかを、
自分が理解できている範囲ですが、
稚拙ながら解説させていただきます。

長くて小難しい内容になりますので分割記事にします。
興味のある方はお付き合い下さいませ。

続きを読む(クリック)
[PR]
by what-tower | 2009-06-21 22:18 | JW教義その他 | Comments(23)
新年、明けましておめでとうございますemoticon-0157-sun.gif
本年もどうぞ宜しくお願い致します。

物心ついて以来ですが、人生で初めて、
神社に 『初詣』 に行って参りました。

そう書くと、
この記事を何故か読んでいるマイコンJWさんが、

「JWやめてすぐに偶像崇拝者になったんだ!?
サタンの罠にかかっちゃったんだね~。」


なんて思うわけですよ。
自分は組織崇拝してるくせして。

正直どうでもいんですが、
そもそも神社にお参りに行くのが、
「偶像崇拝だ」なんて批難する方が、
無知以外の何者でもない わけです。
(まぁ少し前まで自分も無知だったわけです・・・ゴメンナサイ。)

そもそも、
神道の神社って、
神の像を持っていませんよね?
偶像、ないですよね?


イスラエル大使のエリ・コーヘン氏は、

神道は 偶像崇拝ではない です。
八百万の神と言いますが、これはあらゆるところに神がいること(偏在)を意味します。
神道の神社に行っても、そこに なんの偶像も発見しません。
神の像を持っていませんね。


と語っています。

また、聖書にある幕屋やソロモンの神殿の構造、
それと代表的な神社の構造や様式を考えると、
神社は間違いなく、日本に流れ着いたイスラエル人の手によるものだという
学者やユダヤ教ラビが多くいます。

「社(ヤシロ)」というのは、
ヘブライ語「ヤー」(ヤハウェの短縮)と、
「シロ」(サムエルが崇拝をしていた場所)を統合させ、
「ヤシロ」というのだと言われています。

神社に入ると、
三種の神器、拝殿と本殿、鳥居、境内地、手水舎、狛犬、etc…
イスラエルの幕屋や神殿と同じ構造・決まりのものばかりで挙げればきりがない。
(しかも、ユダヤ教と神道以外の他の宗教には共通しないものばかり。)

「神輿」(ミコシ)は、
ヘブライ語で「聖所」を意味する“ミコダシュ”が訛ったもので、
そのカタチがまんま「契約の箱」です。

また神道で神職が参拝者の前で祝詞をあげるという行為は、
祭りの時に祭司が「トーラー(律法)」を朗読する行為と、
ほぼ同じです。

それで「虎の巻」という言葉がありますが、
元々は「トーラーの巻(物)」からきているのだと、
ヘブライ大学のベン・アニー・シロニー教授は言っています。
(ユダヤ人は「トーラー」は伸ばさずに「トラ」と言うそうです。)


遥か昔、東の果ての、
遠くの地まで辿り着いたイスラエル人が、
この国の名を 「ヤマト(ヤハウェの民)」 とし、
日本全国に全く同じカタチの「ヤシロ」を作り、
どこにいても同じ民族であるということを刻もうとした。

本当にロマンですね。


そう考えていくと、
単純に「初詣が偶像崇拝である」というのは、
非常にナンセンスだと思うわけです

現役のJWの方は、
家族を躓かせないためにということで初詣するのは、
上記理由でぜんぜん問題ないんじゃないですかね?

どうですか?

反論・ご意見お待ちしています。


参考文献:「いま二人が一番伝えたい大切なこと」(船井幸雄+中丸薫・著)
[PR]
by what-tower | 2009-01-04 01:37 | JW教義その他 | Comments(67)

今後の組織の展望。

やれやれさん(お久しぶりです)に、
メールで教えていただきました。

News from Bethel Heavy
[※チビドナさんが訳して下さっています。

開拓奉仕者の時間変更。
ブルックリンからの撤退。
巡回監督の廃止。

生き残りをかけて組織が今動いています。


といっても、
今後の世界情勢を考えて、
大都市圏から(怪しまれないように次第に)移動しておいたほうが、
組織中枢の人間にとって都合が良いというだけかもしれません。

本部機能を田舎に移して自給自足体制を築いたりとかしとけば、
食糧難や何かのことで世界中の兄弟たちが困窮しても、
自分たちは安泰ですからね。

深読みすぎ?


でも大恐慌の折に、
困窮する世界の兄弟たちの上にあぐらをかいて、
ラザフォード判事が豪遊していた前例があります。


組織からすでに出ることのできた方は、
これから先、大地震や経済混乱があったりした時に、
「ハルマゲドンが近いかも!組織に戻らなきゃ!」と思って、
結局、この人間的な組織の餌食になるようなことがないように、
慎重に行動してくださいね。

ボクなんかに言われるまでもないとは思いますが。

これについてはまた近々記事を書きたいと思います。
[PR]
by what-tower | 2008-09-12 15:50 | JW教義その他 | Comments(30)
なんてこった。

こんな罰ゲームが用意されていたとは知らなかった。

ぶるぶる震える手で、
ヤブミと共に届いたバッチを胸に装着するWhat-tower。

こんなものをつけて一日過ごしたら、
どんな恐ろしいことになるやら。


昔交わっていたある会衆で、
排斥されていた姉妹(現在復帰している)が、
大会に出席する時に、

「わたしは排斥者です」

というタスキをかけていたが、
もしやあれも何かの罰ゲームだったんじゃないだろうか。

しかも、
ただバッチをつけていれば良いのかと思ったら、
私に罰ゲームを課した零・腐乱図兄弟から、
他にも細かい指示が出ている。

―――――――――――――――――――――――――
バッチを隠してはいけない。
―――――――――――――――――――――――――
f0129849_23592689.gif
え~っ!?
つまりこういう格好[→]
で隠したりするのも駄目なの!?

―――――――――――――――――――――――――
もちろん許されない。
―――――――――――――――――――――――――

ぅわ!マジすか!?

知り合いに会って見られたり、

隣の席のおばさん姉妹に、
「どちらからいらしたんですかぁ~!?」
と覗き込まれたら、
どないせいっちゅ~んですか!?

―――――――――――――――――――――――――
知らん。
―――――――――――――――――――――――――

なんてことだ。。。orz

―――――――――――――――――――――――――
あと、会場で写真を撮ってくること。
―――――――――――――――――――――――――

・・・はぃ。


ってことで、
What-Towerは、
いきなり降りかかった罰ゲームで、
このバッチ[↓]を着けさせられて、
大会会場で一日過ごすハメになったとさ。
f0129849_1512565.jpg


『フランズ麗』って。。。orz

まぁ、
『ウエンツ瑛士』
みたいで格好良くはあるけどさ。

罰ゲームとはいえ、
ほんと死ぬかと思ったから。


そこらへんの挙動不審さは、
tokkenがコメントしてくれるでしょう。
(会場が違うから携帯電話中継だったけどね~。)


で、写真も撮ったし、
腐乱図兄弟、
これで気が済みました?

―――――――――――――――――――――――――
ぶっぶ~!
―――――――――――――――――――――――――

え~?何それ!
やることやってきたじゃないですか。
寿命が縮むと思いましたよ。
変なバッチつけさせられて。
写真まで撮って。

もういぃでしょ?
十分でしょ?

―――――――――――――――――――――――――
お前が写ってない。
―――――――――――――――――――――――――

え~っ!!!
そんなの条件に入ってなかったじゃないですか!?!?

―――――――――――――――――――――――――
この写真じゃぁ、
罰ゲームを楽しみにしている読者諸氏に、
お前が本当に会場でバッチを身に着けていたのか、
証明できないだろ。

―――――――――――――――――――――――――

な!なんてこった!

あんなに苦労したのに!

あんなに死ぬ思いをしたのにっ!


しかし、
考えてみれば。。。

それもそうだ。。。

 orz

―――――――――――――――――――――――――
じゃぁ、
やり直しってことでよろしく。

―――――――――――――――――――――――――

・・・あのすみません。

―――――――――――――――――――――――――
なんだ?
―――――――――――――――――――――――――

・・・もうやり直せません。

―――――――――――――――――――――――――
Why?(なぜ?)
―――――――――――――――――――――――――

バッチのことなんですけど。。。

―――――――――――――――――――――――――
ん?
『フランズ麗』の素敵なバッチがどうした?

―――――――――――――――――――――――――

あまりの緊張から帰り際に、
とにかく早く開放されたい一心で、

会場真正面の
インフォメーションカウンター付近に
落としてきちゃった


んですけど。。。

―――――――――――――――――――――――――
えぇぇぇえ!?
―――――――――――――――――――――――――

ごめんなさぃぃぃい。

―――――――――――――――――――――――――
ぃや。
おぉ、男よ偉大です。
あなたの信仰は。

・・・終わりにしましょうか。


―――――――――――――――――――――――――

・・・ぅん。



ということで、
収集がつかなくなって終わった今回の罰ゲーム。

一番迷惑だったのは、
それを拾った兄弟・姉妹だったでしょう。

「あ!バッチ落ちてる!」と思ったら、
いきなり[↑]のだもんね。

大変、申し訳ございまそんでした。


※もしバッチを拾って下さった方が、
当ブログをご覧になっていらっしゃいましたら、
ささやかながらお詫びを致しますのでご一報下さい。
[PR]
by what-tower | 2008-09-12 00:46 | JW教義その他 | Comments(21)
もう9月になっちまいました。

自分は転職活動にいそしんでおります。
詳しくは、近況報告としてまた書きます。


大会レビューなんですが、
ほかのブロガーさんとかがかなり書いてくれていますので、
今更感が否めません。てか、もう9月です。

夏の大会といえばです。

今年の劇は、
年配の使徒ヨハネが出たりはしていますが、
話はほぼ全てフィクション(つまり聖書劇ではない)という点で、
ネット上などでかなり酷評されています。

ボクの知り合いの兄弟が劇監督を務めたのですが、
全編が協会の自慰・・・ぃや、フィクションだったことを指摘すると、

「確かにイメージを膨らませるのに苦労した」

と話していました。

それもいた仕方ないです。

そもそも劇の脚本全体が、
協会の自慰・・・もとい、フィクションなんですから。


でもそんなことは今更どーでもいいです。

それより気になったのは、
私のとこの会場では、

18?19?歳(どっちか忘れた)の、
忠実な女の子役を、

33歳の“女の子”が演じていたことです。


まぁ、
メイクも濃いですし、
遠目ですし、、、
[これ以上の発言は控えさせていただきます。]



で、劇の中の台詞。

福田さんの「あなたとは違うんです」発言なんて霞むくらい、
ほんと面白い台詞が多かったですよ。


1世紀当時の会衆内のある女の子が(名前忘れた)、
彼女はいわば「神と富とに奴隷として仕え」ようとしていたわけです。
でも、大好きな兄弟が円形闘技場で殺されてしまいます。


 「恋人を殺しとけばとりあえず悲しいんじゃね?」的な、
 インスタントでお涙頂戴作品にできちゃう(最近だと『恋空』系?)、
 と~っても俗っぽい感じの展開に、ものみの塔ありがとう!



で、その時の使徒ヨハネの台詞。

「世は、私たちの兄弟を平気で殺します。」

「世を愛する人の産み出す実は、利己心・失意・挫折感です。」


で、劇が終わった後の適用の話でまた、

「世はわたしたちの兄弟を平気で殺すのです!」

「この世には、利己心、失意、挫折感が満ちていたのではないでしょうか!」


この話は先出のボクの知り合いの兄弟が扱ってるんですが、
それ以降、なんとなく話すのが怖くなっちゃったんだよね。

どうしても、

「世はわたしたちの兄弟を平気で殺すのです!」

って言った時の表情が焼き付いちゃって。。。


組織の中の方が、
利己心・失意・挫折感が満ちているのはなぜなんでしょうか。


会衆の半数とかがうつ病になって、
何人もの人が他の兄弟姉妹と張り合って、
明るい希望を掲げているのに若者たちの目が死んでいて、
そういうことが世の中と同じ比率か、もしくはそれ以上なのは何故ですか?


JW思考の全部が妄想の世界っていうか、
強烈な被害者意識で成り立ってる社会だから、
このJWの世界そのものがもはや自慰・・・もとい、
フィクションなんだ、マトリックスなんだなって思いました。

自分としては最後の夏の大会になると思いますが、
ほんと、「ちそうさまでした」。(あえて“ご”は付けない。)
[PR]
by what-tower | 2008-09-10 02:53 | JW教義その他 | Comments(10)
大会レビュー書きます。

といっても、
あんまりやる気なく聞いたため、
個人的にひどく気になったところだけ記事にしていきます。


――――――――――――――――――――――――――――――――――
二日目 午後 2:25
シンポジウム:聖霊によって力を与えられて-迫害に立ち向かう
――――――――――――――――――――――――――――――――――


夫と結託した背教者に霊的な攻撃を受けたという姉妹が、
かなり深刻な暗い口調で経験を話しました。


(インタビュー部分ですので各会場によって異なります。
 他会場での同プログラムでの経験はいかがでしたか。)


会衆の人の援助で霊的な健康を守り抜いたそうです。

夫は子供を連れて出て行ってしまいました。
家裁に持ち込まれて親権を相手に持っていかれてしまい、
面会もできない状況になってしまいましたが、
会衆の人の支えもあり開拓奉仕を始めることができたそうです。


「なんてカワイソウな姉妹!」

という空気で会場が包まれます。


でもちょっと待って下さい。

だいたい大会での経験というのは、
誇張・脚色・やらせが当たり前の世界です。


この姉妹が本人なりに辛い経験をしてきたことは否定しません。

いわゆる「保護説得」も肯定できません。
(逆にJWに攻撃の口実を与えることになりますし。)

が、ひとつ気になったこと。


姉妹が子供たちから引き離されたのは、
ただ単に夫が連れて行ってしまっただけではなく、
家裁の決定でもあります。
しかも面会権すらない。

どなたか法律に詳しい方にお伺いしたいのですが、
ただ単に「配偶者の宗教的事情」というだけで、
日本の民事裁判はそれほど偏った決定をするんでしょうか。

「信教の自由」を守ることに関しては、
日本の司法はそこまで腐ってないと思うんですよね~。

逆に夫の行動が本当に経験で言われたほど過剰なものならば、
もう少し妻寄りの裁定になったんじゃないかなんて思ってしまいます。

子供への行き過ぎた懲らしめ(虐待)とか、
何か他にもその類の事情があったんじゃないか、
な~んて勘ぐってしまう自分は、
よっぽど性格歪んでるんですかね~。



こういう経験を聞く度に思うのが、
どちらが正しいとも言えないんですよね~。

完全にJW視点に立てば、
この姉妹は100%被害者で、
子供を連れて出た男はサタンの手先、
という結論。

逆にその男性寄りで見れば、
奥さんが変な宗教に引っかかったために、
家庭をめちゃくちゃにされたかわいそうな人。


今回のこの経験に関しては、
家裁の決定が全てを物語っているように感じます。
[PR]
by what-tower | 2008-08-20 23:30 | JW教義その他 | Comments(11)
ウワサ話?

そうそう。

ボクも好きですよ、噂話。
それが悪いわけ?

だってこのブログのタイトル自体が、
ウワサ話満載な臭いぷんぷんでしょう!?


でも、
一言で“噂話”といっても、
いろいろな種類があって。

どんな“噂話”でも大好きという訳ではないので悪しからず。



話を大会の話題に切り替えます。
で、これも“ウワサ話”です。


先日、大会監督などをしている兄弟が言っていました。


「ここだけの話だけど、
大会3日目の最後のプログラムで、
もっのすごい衝撃的な発表があるよ」



ネットを見てると、
どうも 『名称変更』 がキーワードなようです。


てことは、


『エホバの証人』


という名称が変わるってこと!?!?
(あくまでそこから導き出した憶測ですが)


てことで、
JWの未来を考える真面目な読者の皆様から、
『エホバの証人』に代わる新たな名称の予想を募集します。
コメント欄にお願いします。


一番おもしろ・・・ぃや、
素晴らしい名称だ!というものを独断で選んで、
表彰させていただきます。



ボクの予想ですか?

ん~、
今年の大会の主題、
「神の霊による導き」にヒントがあると思うので、

『神霊エホバ伝導教団』

とかどうでしょうか。

ぅわ。
胡散臭くて逆にちょっと格好良いぞ。


どんな名称になるにしろ、
最後は、この大会の主題、
「神の霊による導き」に結び付けて、
「今回もエホバからの素晴らしい導きがありました」
って言うんだろうね。

「♪光は輝きを増す♪」とか歌っちゃってさ。


ぅん!別な意味でちょっと大会が楽しみになってきました。(ウソ)

f0129849_2245137.jpg
              【大会バッヂと背教文書の異種格闘技な構図】
[PR]
by what-tower | 2008-07-02 01:51 | JW教義その他 | Comments(48)
基本的には今日(日曜日)の集会で発表になりますね。

※土曜日が集会の会衆は、既に発表済みです。
[PR]
by what-tower | 2008-04-27 01:08 | JW教義その他 | Comments(17)

忘れた頃に。。。

『王国行間逐語訳』がきました。

もう印刷しないのかと思った。


欲しかった方、注文するなら今かもしれません。

今は欲しいと思わなくても、現役で手に入る方は、
ぜひ今のうちに入手しておかれることをオススメします。

また今後、
家族や友人を上手にJW解約したい!
という方にもオススメの一冊です。

f0129849_1463839.jpg
   『ギリシャ語聖書 王国行間逐語訳』と、一緒にきた『Watchtower Library 2007』


しばらく印刷していなかったこの聖書を、
なぜ今になって新規に刷ったのかは不明。

ものみの塔2008年5月1日号P18の、
「聖書の良い翻訳―どのように見分けられますか」
という記事の中で逐語訳の宣伝をしているためなのかもしれません。
(結局煙に巻いて反対意見を封じる目的の記事ですが)


『王国行間逐語訳』が面白いと思うのは、
「新世界訳聖書」が教義に合わせて翻訳されていることを、
同じものみの塔が出版しているものでさくっと指摘できちゃうとこかな。


『王国行間逐語訳』を片手に読めるサイト
『ものみの塔の新世界訳聖書は改ざん聖書』
教義先行の翻訳の一部を紹介しています。
[PR]
by what-tower | 2008-03-18 01:57 | JW教義その他 | Comments(34)