エホバの証人(現役→自然消滅?)ですが、何か!?


by what-tower

<   2009年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

ご無沙汰しております。

いろいろとお約束の記事等ありながら、
滞っておりまして申し訳ないです。


お陰様で充実した毎日を送っております。


JWへの毒気もずいぶんと抜け、
痛烈な風刺と笑いのネタにはすれど、
恨み怒り等の感情はほとんどありません。

今、JWとして一生懸命に活動した日々を振り返ると、
ひとつの恋愛みたいなものだったな、と。

恋愛って、ある特定の相手が、
他より特別な存在になることですよね。
その人が一番だって思う。

でも本当はそんなの思い込みで、
一番な訳なんてない。(笑)

宗教にハマるのも同じようなものだなと。


「俺よりいい男はいないぜ」
「あたしよりいい女はいないわよ」

って自分で宣言するヤツがいたら、
普通は「こいつヤバくね!?」
って思うんだけど。。。

恋愛モードに入っちゃってると、
そんなバカな相手の発言でも、
「うん、うん!」ってなっちゃったり。


だから、
JWが世界で唯一真の宗教だって、
本当はそんなことあるわけがないんだけど、
そう思いたい人は思ってればいいと思う。
恋愛みたいなものだから。

「唯一の真の組織」って自己主張するのは、
端から見てるとただのイタい団体だけど、
まぁ重い恋煩いみたいなもんだから、と。


でもその恋のマジックが解けちゃったら、
別れればいいんじゃない?って思います。

ただJWは、なかなかうまく別れさせてくれない、
かなり面倒臭い彼氏・彼女であることは事実だけど。

そこんとこは、
相手が悪かったと思ってがんばって。


ひどい別れ方やどろどろの別れを経験すると、
しばらくは怒りや恨み悲しさが込み上げてくるのは仕方ないけど、
いつまでもそこに留まっているのはスマートじゃないですよね。

それも恋愛とJWは同じで。

だから「被害者」って言葉はなるべく使わない方が、
先々のためにもいいんじゃないかな、
と個人的には思います。

もちろん別れたばかりの時には、
気持ちを吐き出せる場所が必要だったりするけど、

「あいつのせいで俺は(あたしは)ぼろぼろだ」

なんて何年も昔の恋を引きずってる人がいたら、
ほんとキモイでしょ。

それよりも、
何年後かにはグッと素敵になって、
見返してやろうじゃないですか。


それなりに反発もある記事と思いますが、
いい人ぶって同情心溢れるキャラ作る必要もないし、
今思うことをそのまんま書いてみました。
[PR]
by what-tower | 2009-09-05 21:11 | コラムなど | Comments(32)