「ほっ」と。キャンペーン

エホバの証人(現役→自然消滅?)ですが、何か!?


by what-tower

<   2014年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

今までのながれ

先回の記事で今後のことを書いたのですが、
のんびりしているものですから少しお時間をいただくことになりそうです。
そこで、過去の未公開記事(?)を出してみようと思います。

この「霊的パラダイスの中の懲りない面々」をスタートしたのは、
2007年3月でした。

ブログを書きはじめた時にはもう既に、
内心ではこの宗教と縁を切る心の準備段階に入っていました。


それより前から書いていたブログがあります。

ひとつは、普通に現役のエホバの証人として生きていた時に、
宗教的な話題抜きに始めたブログ。(2004年11月〜)

もうひとつは、歪んだ組織の中で息苦しさを感じながら、
それでも現役として生きていくつもりで書いたブログです。

エホバの証人として生きて。

2005年の6月に開始し(「霊懲り」の約2年前)、
わずかな投稿数しかないのですが、
あの時の組織の中での苦しみというか、
もがいていた自分みたいなものが、
滲み出ているなぁと我ながら思います。

当時は必要の大きな会衆に移動し、
(JW現役的な視点では)それなりに充実していたはずの時期です。

ブログ主が女性設定(平たく言うとネカマw)である理由は、
現役バリバリだった当時にJW絡みのことでブログを書くということに、
少なからぬ身元バレの恐怖があったためです。

記事中のミキさんの話は、実話です。(名前等は変えています。)
みんな今どうしているかなぁ、と時々思います。

本当は他にも記事を書く予定だったのですが、
恐らくその後の特権の増加による多忙さから、
継続が面倒くさくなっただけだと記憶しています。


自分でも数年ぶりに読み返してみての感想は、
実に暗いなぁと思いましたw


自分だけかもしれませんが、JW辞めて毒が抜けてくると、
こういうあまりにも暗いのは、あんまり好きじゃなくなってきてますw

現役時代は、やけに暗い映画とか大好きでした。
あれは反動だったんだなって思います。

「楽園」とか「完全」とかそういうものばかり見ていようとしていたし、
会衆ではいつも「笑顔」「愛」「穏やか」を実践しようとしていたので。

世の中、明るいもの(光)だけなんてあり得ないんでしょうね。

強烈な(光)だけを見るように教え、
(陰)を完全に否定する組織だったので、
OFFの時には自然に(陰)を求めていたのかもしれません。

(光)あるところには(陰)もあるし、
(光)も(陰)も受け入れてこその人生、ってことでしょうか。
観念的な話ですが。


ということで、
徒然と書きましたが今回はこの辺で。
[PR]
by what-tower | 2014-04-30 01:05 | コラムなど | Comments(13)

時々、思い出します。

お久しぶりです。
お元気でお過ごしでしょうか。

気付けば慌ただしく組織から離脱した時から、
早いものでもう5年の歳月が流れました。

JWとして過ごした日々を今でもまだ時々思い出します。
物心ついた時から20数年間も身を置いた世界ですし、
そうやって時々思い出しながら消化していくのかもしれませんね。

言うまでもないこととは思いますが、
「やっぱりエホバの証人を辞めなければ良かった」とか、
「あの組織はやはり真の組織だったんじゃないか」とか、
「終わりがくるんじゃないか」なんて思うことは、
一切ありません。

むしろ、1914年からもう100年経つけど組織はどうするんだろうか、
とか、まだ組織の中にいる昔の友人たちはちゃんと生活できてるだろうか、
なんてことを考えたりしています。


しばらく無活動状態だったこのブログですが、
これから少しだけですが、ぽちぽち動いてみようと思っています。

少し前に、ボクのブログを読んで下さっていたある方と、
全くJWと関係ないところでコンタクトをとる機会がありました。
その出会い自体がびっくりだったのですが、そのやりとりの中で、
「What-Towerさんの"その後"を是非書いて下さい。
 組織を出る人・出た人たちに絶対に役立つと思います」
と言っていただいたので、少し書いてみようかなと思いました。

内容としては、
どっぷり浸かって生きてきたJWから出た時に、
どうやって生計を立てていくか、
仕事の探し方や身につけておくと役立つこと、
JW時代に染み付いたことを逆手に取る方法、
そんなような内容のことを書いて、
PDF形式で展開しようと思っています。
数人でも、必要としてくれる人に届くといいなと思います。


ボクはJWを辞める時とほぼ同時に転職し、
それから5年間今の会社で働いています。

元々、特殊法人だったものが民営化をして株式会社になった某会社にて勤務しています。

民間の風を入れようということで中途採用を進めていたところにひっかけていただき、
(実際には民間どころか、元カルト宗教信者の風を入れてしまった!わけですが(笑))
地方の一支社で楽しく勤務をさせていただいていました。

そうこうするうちに本社の人事部に異動を命じられ、
現在は全社員の人事評価や、社内研修の計画と実施、
今の時期は新卒採用活動の担当をしています。

フレッシュな就職活動中の大学生とやり取りをしながら、
"そういえば自分は就職活動とは無縁だったなぁ"と、
心の中で苦笑いをしたりしています。

でもいいんです。
結果オーライなら。


ボクは常々、JWを辞める人は、
いつまでもそこにとどまり続けて欲しくないと思っています。

何かで成功して、前に進んで、
辞めた後の方がずっと幸せなんだよって、
昔の仲間に見せてあげたいですよね。


そんなこんなで、自分が人事担当者として後から身につけたことも含めて、
お役に立てる情報をお伝えすることができればいいなと思っています。

と言いつつコンテンツはまだひとつも書き上がっていないので、
あくまで予告ということで、気長にお待ち下さい。

それではまた。
[PR]
by what-tower | 2014-04-21 00:37 | コラムなど | Comments(8)